みつめてみよう。"いのち" と "こころ"


 ● こころ と からだ のサインにきづく 〜ストレスに気づいていますか?〜


 私たちは、職場の人間関係や家族関係、経済問題や健康問題など、さまざまなストレスを抱えて生きています。こうしたストレスは、自分で意識して解消していかないと、いずれ身体や心の不調となって現れてしまいます。

◆ストレスとはどんな状態?

 ストレスとは、体の外側からかけられた圧力によって歪みが生じた状態をいいます。歪みを元に戻すために、こころや体に生じたさまざまな反応をストレス反応と言います。こころや体が弱っていると、圧力を押し戻す力も弱まり、歪みが戻るまでに時間がかかってしまいます。



ストレスのもとをたくさん抱えていないかチェックしてみましょう


□ 一度の失敗や、よくない出来事にとらわれやすい
□ 仕事や家事が手につかなくなった
□ 目がしょぼしょぼする、または疲れやすい
□ 手のひらや首筋に汗をよくかくようになった
□ 心配事が頭から離れない

□ 物事をつい深読みしすぎてしまう
□ ケアレスミスが増えた
□ 常にイライラしていて落ち着きがない
□ 朝、目覚めると気分が悪くなる
□ 時間に追われる日々を送っている


 当てはまる項目が多い人ほど、強いストレス状態にある可能性があります。自分が出しているSOSに気づいたら、一人で抱え込まず周囲の人に相談しましょう。気分が落ち込んだり、体調のすぐれない日が続くようであれば、早めに医療機関を受診するようにしましょう。



自分の「元気なこころ」と「疲れたこころ」の状態を知りましょう


 こころや体が疲れていると、不安や心配事に上手く対処することができなくなり、ストレス状態からなかなか抜けられなくなってしまいます。自分のこころと体のSOSのサインをあらかじめ知っておくと、ストレスの原因と距離を取ったり、息抜きの時間を作ったりといった予防をすることができます。 今の自分がどんな状態なのか、一度立ち止まって振り返ってみましょう。

元気なこころの状態 疲れたこころの状態
・「こんなこともあるさ」と寛容に受け止められる
・身なりに気を配れる、おしゃれが楽しい
・相手の立場や気持ちが思いやれる
・仕事もプライベートも楽しくいろんなことに意欲的
・元気に挨拶でき、おしゃべりが楽しい
・何事も悲観的にしか受け止めてしまう
・身なりが乱れてくる、おしゃれに身が入らない
・ささいなことで腹が立ち、心に余裕がなくなる
・何事にも興味が失せ、楽しめない、集中できない
・人と会いたくない、挨拶をするのも億劫



ストレスと上手に付き合うためには・・・


 日々やらなければならないことに追われると、自分の身体を顧みる余裕がなくなることもあります。忙しい時こそ少し手を止め、自分の身体に元気かどうか問いかけ、「そういえば最近眠れていないな」「笑って話が出来ていないかも…」等自分自身の身体と向き合う時間を作ってみてください。





 ● いのちとこころの相談窓口 〜迷ったら、まずは相談してください〜


 「人に話すと怒られるかもしれない。」「こんなこと誰にも話せない。」そんなふうに一人だけで悩みを抱えていませんか?誰かに一言でも悩みを話すことで、解決に繋がったり、こころの負担が軽くなることもあります。周りに相談する人が見つからない場合は、ぜひ下の窓口までご相談ください。


ひとりで悩まずに相談してください

 福祉事務所社会福祉係
 月〜金 (8:30〜17:15)
TEL 0880-34-1120
四万十市役所本庁内
 訪問も可能です。ご相談ください。

 精神保健福祉センター
 月〜金 (8:30〜17:15)

TEL 088-821-4966
高知市丸ノ内2丁目4-1

 電話で情報提供を行います。

 高知いのちの電話
 毎日 (9:00〜21:00)

TEL 088-824-6300  電話でご相談を受けています。

※ご相談の内容や相談者の情報は守られます。
※相談場所に迷ったときは、まず福祉事務所にお問合せください。





【このページに関する問い合わせ・相談窓口】
  四万十市福祉事務所 社会福祉係
  〒780-8501 高知県四万十市中村大橋通4丁目10番地
  電話(34)1120  FAX(34)1880  E-mail:fukusi@city.shimanto.lg.jp


「障害児・者の手当」についてご案内します
戻る