環境学習事業 こどもエコ教室

 お話を聞いた後、保護者の方や、友達と一緒に話し合いながら、備長炭で電池を作りオルゴールを鳴らしました。最初は音が小さく耳を近づけないと聞こえないような音も、隣の友達の炭電池とくっつけて鳴らすと、始めより大きい音でオルゴールが鳴り出し、炭が電池になることに驚いていました。

 また、自転車発電体験では電球が1個光ると40Wh発電されていて、テレビを見るには100Whの電力が必要ということが説明されました。子ども達は電球が3個光ると、「テレビが見れるようになった」と喜んでいました。


環境学習事業 こどもエコ教室 環境学習事業 こどもエコ教室

環境学習事業 こどもエコ教室 環境学習事業 こどもエコ教室

環境学習事業 こどもエコ教室 環境学習事業 こどもエコ教室

環境学習事業 こどもエコ教室 環境学習事業 こどもエコ教室

環境学習事業 こどもエコ教室 環境学習事業 こどもエコ教室

環境学習事業 こどもエコ教室 環境学習事業 こどもエコ教室

環境学習事業 こどもエコ教室 環境学習事業 こどもエコ教室

環境学習事業 こどもエコ教室 環境学習事業 こどもエコ教室

環境学習事業 こどもエコ教室 環境学習事業 こどもエコ教室

環境学習事業 こどもエコ教室 環境学習事業 こどもエコ教室


エコライフゲーム   出前エネルギー授業   子ども・保護者の方の感想


環境学習事業 こどもエコ教室


戻る