四万十市の国際交流員による、簡単な中国語講座です。

 皆さんチャレンジしてみてください。

2007/2/6掲載


  こんにちは。国際交流員の張玲です。
 今年初めての講座ですね。
 明けましておめでとうございます。 この新年の挨拶は、中国では、1月1日から旧正月の2月18日まで使います。

 今年第1回目のテーマは「買い物」です。

 皆さん、一緒に勉強しましょう!

←写真をクリックして挨拶ビデオをご覧ください。


○買い物について

この中国語はどんな意味かわかりますか?

@百貨商店・A超市・B便利店

答えは、@はデパート Aはスーパー Bはコンビニエンスストアです。何となくわかるでしょ?中国語は漢字ばかりなので知らない単語でも文字を見れば意味が何となくわかるという文字もたくさんあると思いますよ。

左のアイコンをクリックして一緒に発音してみましょう。


○買い物に行きましょう!

左のアイコンをクリックして一緒に発音してみましょう。


○これをください(スーパーでのやりとり)

中国のお金の単位は「元」と「角」の2種類です。(1元=10角、1元は約15円)
この単位の「元」「角」は、会話の中では「」「毛」を使うのが一般的です。
また、日本のスーパーなどでは、「りんご1個100円」「キャベツ1個150円」のように1個の値段が決まっているところが多いですね。中国では、すべて量り売りです。売り場に行くとグラム当たりの値段が表示されているんですよ。

左のアイコンをクリックして一緒に発音してみましょう。


○もう少し安くして!

日本では、買い物をする時に値段交渉をしているところをあまり見かけませんが、中国ではデパート以外のところでは交渉をするのが当たり前です。値段交渉をして自分の納得のいく値段で買い物をしていきます。
皆さんも中国に行った時にはやってみましょう!

左のアイコンをクリックして一緒に発音してみましょう。


ホーム
戻る