8月25日(土)、しまんと市民祭の最後を飾る、納涼花火大会が、四万十川赤鉄橋たもとで開催され、およそ9000発の花火が、小京都の夜空と四万十川を艶やかに染めました。

取材・撮影:2012/8/31

 この大会は、例年、お祭り広場を取り囲むようにたくさんの屋台が軒を連ね、夕方からは広場中央のステージで様々な催しが行われ、家族連れなど大勢の人で賑わいます。

 午後4時、オープニングイベントは「鮎つかみどり」です。
 今年は、小学生未満、小学校低学年・高学年、そして中学生以上の4部門で行われました。
 子どもたちは、つかんでも袋に入れるのが難しいようで悪戦苦闘していました。
 この日用意された鮎30キロは、四万十川中央漁業協同組合様よりご提供いただきました。ありがとうございました。

 次は、郷土芸能・パフォーマンスです。
 ちんどんクラブ、幡多のアイドル・ダンスユニット、学生書道部などいろいろなタイプのパフォーマンスが次々と繰り広げられ、観客を楽しませてくれました。
 「とり」はおなじみの一條太鼓でしたが、突然の降雨で、残念ながら演奏途中で中止となりました。
幡多ちんどんクラブ
ハーラウ フラ オ オーリノリノ
BBLダンススタジオ
MAGIC
ADP
Reve

 

 

    写真

県立中村中学・中村高校書道部
土佐中村一條太鼓

 午後7時過ぎからは、7月28日(土)に行われた市民祭パレードの表彰式が行われました。
 受賞チームは以下のとおりです。
【提灯台パレード】
 会長賞      太鼓台保存会
 審査員特別賞  アピアさつき 
 敢闘賞      四国電力グループ
【踊りパレード】 
 会長賞      四万十市役所チーム
 審査員特別賞  カズダンススクール&よさこい連花鳥風月
 敢闘賞      中村小学校PTA
            ひかり乳幼児保育園OB

 続いて行われたのは、クジ付き協賛券の抽選会です。
 番号が読み上げられるたびに会場は一喜一憂していました。
◎当選番号はこちらをご覧ください。

 午後8時、いよいよ花火の打ち上げです。
 およそ9000発の花火が絶え間なく夜空を彩り、ぱらつく雨など忘れてしまうほどに観客を魅了しました。
 スポンサーの皆様、クジ付き協賛券を購入していただいた皆様、募金を賜りました皆様に心から感謝申し上げます。ありがとうございました。
 
 
 
 
創業30周年を迎えたアロインス化粧品仕掛け花火

ホーム
戻る