四万十市では、市内の公共施設20箇所でゴーヤとヘチマによるグリーンカーテンを実施しています。5月中旬から各施設に設置を開始し、6月上旬に全施設設置が終了しました。これから夏の終わりにかけて各施設のグリーンカーテンの成長を紹介していきます。
※このグリーンカーテン事業では、市民や公共施設から無料で受け入れしている剪定枝をチップ化し、堆肥にしたものを利用しています。

 ゴーヤやヘチマなどのツル性植物を、日光のあたる建物の南面や西面などで、ネットを使用し育てる自然のカーテンのことです。
@室内への日ざしをさえぎり、室内温度の上昇を抑えます。
A植物の蒸散作用で、室内へ涼しい風を送り込みます。
Bゴーヤやヘチマの実を収穫し、食べることが出来ます。
Cエアコンの使用を抑制することで省エネになり、またCO2の削減にもつながります。

※各施設の項目をクリックすると、別ページで写真をご覧できます。

 

 

下田保育所
大用保育所
 

 
 
利岡小学校
蕨岡小学校
 

 
 

 
 
市役所本庁 4階
安並スポーツセンター
 

ホーム
戻る