5月26日(土)に、トンボ自然公園で『花菖蒲の宴』が開催されました。

 
取材・撮影 2012/05/26


 前日の雨もあり、天気を心配しながら当日を迎えましたが、曇り空ながらも約220人の方が訪れました。
 今年は例年より開花が遅れており、満開とはなりませんでしたが、一部ではとても綺麗に咲いていました。

 当日は、トンボ自然公園内でトンボと花ガイドや生き物探しゲームが行われました。
 「トンボと花ガイド」では、トンボ自然公園に生息しているトンボや植物の生態や習性等について説明を受けることができます。
 その中で飛んでいるトンボの性別まで教えていただき、参加した人は驚きながら興奮しながら、楽しく園内を散策していました。
 トンボ公園には、76種類ものト
ンボが生息しており、小さくてかわいいイトトンボは10種類も見る事ができるそうです。

 生き物探しゲームは、子ども達が3人1組でチームを組み、トンボ公園に生息している昆虫、動物、植物を探すゲームです。
 レベル1からレベル5まで徐々に難易度が上がります。
 レベル5では「コツブゲンゴロウ」を探してきたチームもあり、大人も一緒になって走りまわりながら楽しそうにクリアしていました。
 

 模擬店も出店しています。
 具同婦人会の方々によるちらし寿司、焼きそば、フライドポテトと大変おいしそうで、あっという間に完売してしまいました。
 

 トンボ自然公園の花菖蒲は例年より10日ほど遅れており、満開になるのはまだ少し先のようです。しかし、睡蓮の花が色とりどり咲いており、間もなく満開を迎えそうです。
 花菖蒲と睡蓮の開花情報を四万十川花絵巻開花情報でお知らせしますので、楽しみにしていてください。
   

ホーム
戻る