9月10日(土)〜25日(日)まで、四万十市立中央公民館1階にて「幸徳秋水展−伝次郎から秋水へ−」が開催されています。

 

【開催時間】 9時〜17時
取材・撮影:2011/9/10

 今年で刑死100周年を迎える記念の年にあたり、郷土の先人としてのその足跡を見つめるものとして、秋水の生涯に関わる資料が100点あまり展示されています。

 

 

 「秋水から三申宛の書簡」
 今回の特別展準備中にこの資料のコピーが見つかり、所有者に連絡をとった結果、これまで公にされていないものであることがわかりました、この度、新発見資料として原物を借り受け、展示しています。

 

 「管野スガ 針文字書簡」
  大逆事件で処刑された管野スガ(1881〜1911)が秋水の救済を求めて、獄中から朝日新聞記者に送った秘密書簡。半紙に細かい針穴で文字をつづっており、光にかざすと文字が浮かび上がります。(千葉県我孫子市教育委員会より提供)

 

 このほか、「秋水の絶筆(漢詩)」、「秋水工夫の暗号」、「幸徳幸衛氏の自画像」など、日ごろは公開していない資料も所有者のご好意により出品するほか、秋水の中村在住当時の町並写真や古地図も展示しています。

 

 

■大逆事件サミット
  9月24日(土)には幸徳秋水刑死百周年実行委員会主催による、大逆事件の関係者の交流を主な目的としたサミットを行います。
 【参加団体(予定)】
  大逆事件の真実をあきらかにする会(東京都)
  「大逆事件」犠牲者を顕彰する会(和歌山県新宮市)
  本宮町「大逆事件」犠牲者の名誉回復を実現する会(和歌山県田辺市)
  森近運平を語る会(岡山県井原市)
  「大逆事件」再審検討会(大阪市)
  国際啄木学会(広島市)
  熊本近代史研究会(熊本市)
  真宗大谷派(滋賀県長浜市)
  幸徳秋水を顕彰する会(四万十市)
 【日 時】 9月24日(土) 13時30分〜16時
 【場 所】 四万十市立中央公民館 2階大ホール
 【問い合わせ先】
  四万十市立図書館       TEL 0880-35-2923
  (市)教育委員会 生涯学習課 TEL 0880-34-7311

ホーム
戻る