しまんと市民祭の最後を締めくくる、「納涼花火大会」が、8月30日(土)四万十川河川敷で行われました。

○しまんと市民祭HP

取材・撮影:2008/8/30


 納涼花火大会のオープニングは、午後4時から始まったストリートパフォーマンスです。

 天候の影響で参加できなくなったチームもありましたが、2チーム3組がダンスを披露し、観客を楽しませてくれました。

○ストリートパフォーマンス参加チーム(出場順)

 ●カズダンススクール(2組)

 ●Monkey BANANA

ストリートパフォーマンス写真

 続くイベントは「鮎のつかみどり」です。 (小学生以下対象)

 開始の合図でこどもたちは、一斉に鮎の泳ぐプールに入り鮎を追いかけます。

 軍手を着けた用意のいい子供もいましたが、素手でぬるぬるとすべる鮎を捕まえるのはなかなか大変。
 なんとか掴(つか)んでも、袋に入れるのがまた難しい。袋に入れようとしたところで、ツルンと逃げられてしまいます。

 それでもみんな楽しそうに鮎と格闘していました。


 午後7時過ぎからは、市民祭パレードの表彰式が行われました。

 各賞は次のとおおりです。

【提灯台パレード】
 会長賞      (社)中村青年会議所
 審査員特別賞  下田太皷台保存会
 敢闘賞      京町子供提灯台

【踊りパレード 】 
 会長賞      Monkey BANANA
 審査員特別賞  四万十市役所
 敢闘賞      カズダンススクール
            ひかり乳幼児保育園OB


 午後7時半からは、クジ付き協賛券抽選会です。

 当日は1等から3等までの抽選が行われ、番号が読み上げられるたびに会場からどよめきが起こっていました。

 全ての賞の当選番号はこちらをご覧ください。


 午後8時、いよいよ花火の打ち上げ時刻です。

  提供各社の紹介アナウンスが終わり、一呼吸の静寂の後、最初の花火が辺りを閃光に包みます。

 その後約40分間、ほとんど途切れることなく、多種多様、色とりどりの花火が夜空を彩り、ぱらつく小雨など忘れてしまうほどに観客を魅了しました。

花火写真

ホーム
戻る