5月3日(土)、土佐一條公家行列 藤祭りが開催されました。

 この公家行列は、中村御所に就く一條教房公の入府を再現して行われるもので、当日はこれに併せ市内で様々なイベントが行われました。

イベント写真

 

取材・撮影:2008/5/3

 公家行列の主役の一人、今年の玉姫様は市内在住の伊勢脇千佳さん。

 4月21日には玉姫墓前奉告の儀も行われました。


 天神橋、一条通を中心に様々なイベントが行われました。

 ちんどんは、須崎、安芸、佐川の県内3チームが参加、各イベント会場を回り祭りを盛り上げてくれました。


 大道芸やマジックショーでは観客から歓声と笑い声が聞かれました。

 四万十市のイベントではおなじみの「一條太鼓」の演奏です。

 この日は一條太鼓の他に、西土佐地域の「みのり太鼓」の演奏もありました。


 こちらは合唱団「むぎ」。

 会場に美しいハーモニー響かせ、ここだけちょっと違った雰囲気を作っていました。


 写真は餅つきの体験コーナー。

 この他 物産コーナーには、お茶の接待所、アグリパークはたのうや地場産品の販売店が並び、飲食コーナーにも親子料理コーナーや、焼きそば、たこ焼き大判焼などたくさんの美味しそうな食べ物が並び、大勢の人で賑わっていました。


 子どもコーナーに用意された、金魚すくいや、ミニゲームコーナーで子どもたちは楽しく遊びました。

 今年初めて開催された「空き店舗ギャラリー」です。

 大橋通今昔写真展、均ちゃんの「世界の蝶」展、「お母さんの絵」園児作品展、「四万十川の風景」パネル展、まちの図書館といった5つのギャラリーが開催されました。


 公家行列が通る京町通り。その奥に見える高い山は「前が森」(標高610m)です。

 行列に参加されていた方の話によると、この通りの延長に「前が森」が位置するのは偶然ではなく、そのように中村の町が創られたのだそうです。


ホーム
戻る