4月13日(日)四万十川市民一斉清掃が行われました。
取材/撮影 2008/4/13


 市内31カ所、約1000人もの皆さんに集まっていただき、一人ひとりの力が集結して約10トンものゴミを集めることが出来ました。

 これは、ゴミ袋一つを5sとすると2000袋にもなります。


 今年は、県立中村高校の生徒さんや郵便事業(株)土佐中村支店の大勢の皆さんのユニフォーム姿が川原に映え、例年より活気に満ち溢れているようでした。

 2008年度の国際交流員である王術昌(オウ・ジュツショウ)さんも一斉清掃に参加しました。

 11日(金)に四万十市に着任したばかりの王さんですが、疲れた顔ひとつ見せず「思ったよりもごみが少なく、気持ちよく清掃活動ができた。早速、四万十市の活動に貢献できて嬉しい。」と話していました。

 今後も、私たちの貴重な財産である『四万十川』を次の世代に引き継ぐため、清流を愛する気持ちを持ち続けたいものです。

 参加していただきました皆様に心からお礼申し上げます。


ホーム
戻る