3月22日、23日と四万十菜の花まつりがありました。

 今までの不破会場に入田会場が加わり、これまでよりも賑やかに行われました。


 入田会場は、地元の皆さんたちを中心に昨年から手入れをしてきた成果が実り、その河川敷には、四万十市の木でもある柳の間に菜の花が一面に咲き、その広さは2万平方メートルに及ぶほどです。

 菜の花の黄色と、柳の木肌とのコントラストがとても魅力的で写真愛好家らが連日シャッターチャンスを狙っていました。

 まつりには地元入田地区の採れたて野菜の販売や、つきたての餅も配られ長い行列ができていました。

 また、23日には中村西中学校の生徒による菜の花コンサートが開かれました。

 菜の花まつり

ホーム
戻る