のこったのこった!

〜第55回全日本女郎ぐも相撲大会〜

取材・撮影:2005/8/7

 8月7日(日)恒例の第55回全日本女郎ぐも相撲大会が一條神社境内で開かれました。

 女郎ぐも相撲は、一條公に仕えた女官が広めた遊びとされています。


 クモは体長別に十両、幕内に分けられ戦います。
 その戦いは30〜40センチほどの細い棒の上です。

 子どもたちは、クモの動きや「やぐら落とし」、「がっぷり」などそれぞれの技に大興奮の様子でした。

ビデオ:5.6MB

関連記事:女郎ぐも相撲が絵本になった!( 2005/7/20掲載) 

 この日の主役、「女郎ぐも」。
 正式には「黄金ぐも」という蜘蛛ですが、この地方では「女郎ぐも」の名で親しまれています。

 

 

※ビデオの再生にはWindowsMediaPlayerが必要です。

ホーム
戻る