平成16年4月24日 香山寺市民の森公園にて「香山寺ふじまつり」が開催されました。

 この祭りは昨年初めて行われ、今年2回目になりました。

主催:香山寺市民の森 ふじまつり実行委員会

撮影:2004/4/24


 香山寺市民の森公園は、この時期いたるところで藤の花を見ることができます。祭りでは公園内の案内や、歴史散策も行われ、多くの人が藤の花を楽しんでいました。

 様々なイベントでおなじみの「土佐中村一條太鼓」です。この日も祭りのオープニングを飾ってくれました。

 公園内にあるログハウスでは琴の演奏も披露され、その横では野点が行われお茶を楽しむこともできました。

 お琴の演奏を聞きながら、お茶を楽しむという贅沢は、そう味わえるものではありません。それがとても気軽に味わえるのですから、またなんとも贅沢なお祭りです。

 お琴の演奏は正派雅楽与(うたよ)会、野点は裏千家淡交会高知支部幡多分会四万十青年部の方々に協力いただきました。

 左写真でお茶を頂いているのは、次に紹介する撮影会のモデルさんです。
 ちなみにこのモデルさんがきている着物は「花嫁衣裳小椋」さんからご好意でお貸しいただきました。



 モデル撮影会の様子です。

 アマチュアカメラマンの方々は、普段できないモデルを使っての撮影を楽しんでいました。


 こちらはポニーの乗馬体験。

 こちらも普段はなかなか体験できないものです。最初怖がる子もいましたが、なれてしまえばみんな楽しくて、何回か乗る子もいたり、乗馬のあとポニーに餌をあげたり、なでたりと、とても楽しい体験ができました。

 今回のポニーの乗馬体験は県立幡多農業高等学校馬術部の皆さんの協力で行われました。写真でポニーを引いたり、世話をしたりしているのは馬術部員の生徒さん達です。


 こちらはお祭りとはまったく関係なく遊具で遊ぶ子ども達。香山寺市民の森公園にはこの他にもアスレチクなどの遊具があり、普段でも子ども達も楽しむことができます。

 左写真はこの日予約販売された「薬菜弁当」。
 中村市では中村薬膳料理研究会を作り、薬膳料理の研究を行っていますが、今回はその会員店で作ったお弁当です。
 ※研究会では試食会などもやっています。

 この他にも会場では実行委員会メンバーによって、しし汁、やきそば、すしなどの食べ物や、花も販売され賑わっていました。

 もどる