土佐一條公家行列「藤祭り」
 
       平成15年5月3日(土)

 晴天に恵まれ、汗ばむような陽気のなか恒例となった土佐一條公家行列が雅やかに繰り広げられました。

こちらから写真をご覧いただけます。
 [1] [2] [3]



 この土佐一條公家行列は一條教房公の中村入府の様子を再現したもので12回目となる今年は約150人の参加者が色とりどりの衣装を身にまとい、お祭り広場から一條神社までを巡行しました。


 市街地につめかけたたくさんの観光客や市民は繰り広げられる時代絵巻に見入っていました。


 笑顔を振りまく玉姫役に扮したミス高知の森木めぐみさんに、集まった人々は「きれいなお姫様。」とみとれていました。


 行列の一行が休憩をとる合間に、森下病院・木俵病院前では山路のこっきりこと扇子踊りが披露されました。
 病院の前ということもあり入院患者さんもたくさん集まり、楽しそうにリズムをとりながら見つめていました。踊りの終了後、スタッフは集まってくれた患者さんたちに「早く元気になってよ。」と声をかけるとみんなが笑顔でうなずくというほほえましい場面もみられました。踊りで元気をもらったみなさん。早くよくなってくださいね。


 四万十川では鮎の稚魚の放流も行われました。
 この美しい四万十川で大きく育ってほしいものです。