トップページ   [ 開館時間 ]8時30分〜17時 (入館は16時30分まで)
[ 休 館 日 ] 12/31-1/1  [ お問い合わせ ] siryoukan@city.shimanto.lg.jp
トップページ 当館について・ご利用案内 施設案内 交通アクセス 展示案内・所蔵資料紹介 企画展・特別展 イベント・おしらせ


  展示案内

川とともに生きるまち
四万十川流域に暮らす人々は川や山とたくさんの関わりを持って生きてきました。壁面いっぱいの大きな写真やイラストから川と紡いできた暮らしや大地の成り立ち、まちの歴史を紹介します。
 


土佐の小京都

土佐の小京都と呼ばれるこのまちは、前関白一條教房公が下向し、都の文化を伝えたことを誇りとして地域文化に織り込んできました。海や川を介した舟運によって栄えた商都の文化をご覧いただきます。

 


川により添う人の営み
四万十川にはたくさんの集落が点在し、その環境に応じた暮らしを続けています。地域に継承される川とともにある暮らしや歴史、文化に光を当て、その意味や大切さを考えます。
 



  所蔵資料紹介

古津賀遺跡群出土 甕
ゆるやかなカーブを描くフォルムと細い粘土のヒモを貼り付けて飾る西南四国地方に特徴的な土器。弥生時代中期頃の生活雑器です。
 

一條房家肖像画
一條教房のあとを継ぎ、公家大名土佐一條氏を率いた当主。公家でありながら周辺諸国との勢力抗争に挑み、勢力圏を拡大しました。
 

中村三万石御代之図
江戸時代の中村市街地付近の絵図。一條神社の所在する丘陵等が描かれている。資料館の所在する丘陵裾部に武家屋敷が並び、川側にむかって町家が並んでいる様子が伺えます。
 

モルチール砲設計画
下田や須崎で砲台築造に尽力した樋口真吉が記したモルチール砲の設計図。着色され細部まで丁寧に描かれている。
 

幸徳秋水の絵馬
19歳の幸徳秋水が病気の治癒のお礼に不破八幡宮に奉納した絵馬。題材は『吾妻鏡(あずまかがみ)』の西行と頼朝の逸話をモチーフにしたもの。
 

四万十川の川舟(古写真)
近世から昭和30年代くらいまで四万十川をつかった物資の輸送等に用いられた様々な川舟。船の中央部に帆を張るせんば舟も見られる。百笑付近から香山寺を望むものか。
 



掲載されている画像・テキストの無断転載をお断りします
Copyright SHIMANTO-City Historical Museum All Rights Reserved.
〒787-0000 高知県四万十市中村2356 為末公園内
 TEL:0880-35-4096
[ 開館時間 ]8時30分〜17時 (入館は16時30分まで)
[ 休 館 日 ]12/31-1/1