付加年金・寡婦年金・死亡一時金・脱退一時金について

自営業者などの第1号被保険者には独自の給付があります。
 
付加年金
 定額の保険料に月額400円の付加保険料を上乗せして納めると、将来の老齢基礎年金に付加年金が加算されます。
(年金額)
 付加保険料納付月数×200円 が加算されます。
 
 
寡婦年金
 老齢基礎年金を受けるはずだった夫が年金を受けずに亡くなったとき、その妻(婚姻期間10年以上)に60歳から65歳になるまで支給されます。
(年金額)
 夫が受けるはずだった年金額×3/4 が支給されます。
 
死亡一時金
 保険料を3年以上納めた人が、年金を受けずに亡くなったとき、その遺族が遺族年金を受けられない場合に支給されます。
(一時金の額)
保険料納付済期間 一時金の額
3年以上15年未満 120,000円
15年以上20年未満 145,000円
20年以上25年未満 170,000円
25年以上30年未満 220,000円
30年以上35年未満 270,000円
35年以上 320,000円
  ※ 付加保険料納付期間が3年以上ある場合には、8,500円が加算されます。
 
 
脱退一時金
 第1号被保険者として保険料を6ヶ月以上納付した短期在留の外国人が、何の年金も受けずに帰国したときに支給されます。
(年金額)
 保険料納付月数により46,770円〜280,620円
  (平成27年4月〜平成28年3月までの間に保険料納付済期間を有する場合)

付加年金・寡婦年金・死亡一時金・脱退一時金について
もどる