老齢基礎年金

老齢基礎年金は、
 (1)国民年金の保険料納付済期間、
 (2)国民年金の保険料免除期間、
 (3)合算対象期間(カラ期間)

が、原則として25年以上ある人が、65歳になったときに支給されます。希望すれば60歳から受け取ることもできますが、年齢に応じて年金額が減額されたり、障害基礎年金の対象とならなくなります。
老齢基礎年金

年金額
 老齢基礎年金の年金額は、780,100円です。
ただし、保険料納付済期間が40年(昭和16年4月1日以前に生まれた人は、生年月日に応じて)に満たない場合は、次の式で計算した額となります。
年金額
 
[資格期間および加入可能年数早見表]
生年月日 受給資格期間 加入可能年数
大正15年4月2日〜昭和2年4月1日 21年 25年
昭和2年4月2日〜昭和3年4月1日 22年 26年
昭和3年4月2日〜昭和4年4月1日 23年 27年
昭和4年4月2日〜昭和5年4月1日 24年 28年
昭和5年4月2日〜昭和6年4月1日 25年 29年
昭和6年4月2日〜昭和7年4月1日 30年
昭和7年4月2日〜昭和8年4月1日 31年
昭和8年4月2日〜昭和9年4月1日 32年
昭和9年4月2日〜昭和10年4月1日 33年
昭和10年4月2日〜昭和11年4月1日 34年
昭和11年4月2日〜昭和12年4月1日 35年
昭和12年4月2日〜昭和13年4月1日 36年
昭和13年4月2日〜昭和14年4月1日 37年
昭和14年4月2日〜昭和15年4月1日 38年
昭和15年4月2日〜昭和16年4月1日 39年
昭和16年4月2日以後 40年
 
請求手続きについて
     国民年金の手続きをご覧ください。[ 国民年金の手続き ]
 
繰り上げ請求・繰り下げ請求について
 老齢基礎年金の受給は原則として65歳からですが、希望すれば60歳からの繰り上げ請求、66歳からの繰り下げ請求をすることもできます。この場合、受け取る年齢によって年金額の増額・減額があります。特に繰り上げて年金を受けると、厚生年金保険から65歳前に特別支給される老齢厚生年金の支給が停止されたり、年金を受けたあとに病気やケガで1級・2級程度の障害に該当するようになっても、障害基礎年金支給の対象とならなくなるので、注意が必要です。
 また、平成13年4月からは、昭和16年4月1日以前生まれの人と、昭和16年4月2日以降生まれの人で、減額・増額率の計算方法が変わっています。次の表を参考にしてください。

支給を始める年齢とその支給率(65歳で受ける年金額を100%として)
☆昭和16年4月1日以前に生まれた人の繰り上げ・繰り下げ支給率  
  繰り上げ支給(減額)   繰り下げ支給(増額)
支給年齢 60歳 61歳 62歳 63歳 64歳 65歳 66歳 67歳 68歳 69歳 70歳
支 給 率 58% 65% 72% 80% 89% 100% 112% 126% 143% 164% 188%
☆昭和16年4月2日以降に生まれた人の繰り上げ・繰り下げ支給率 (数字は%)
    0ヶ月 1ヶ月 2ヶ月 3ヶ月 4ヶ月 5ヶ月 6ヶ月 7ヶ月 8ヶ月 9ヶ月 10ヶ月 11ヶ月
繰り上げ支給 60歳 70 70.5 71 71.5 72 72.5 73 73.5 74 74.5 75 75.5
61歳 76 76.5 77 77.5 78 78.5 79

79.5

80 80.5 81 81.5
62歳 82 82.5 83 83.5 84 84.5 85 85.5 86 86.5 87 87.5
63歳 88 88.5 89 89.5

90

90.5 91 91.5 92 92.5 93 93.5
64歳 94 94.5 95 95.5 96 96.5 97 97.5 98 98.5 99 99.5
  65歳 100 100 100 100 100 100 100 100 100 100 100 100
繰り下げ支給 66歳 108.4 109.1 109.8 110.5 111.2 111.9 112.6 113.3 114 114.7 115.4 116.1
67歳 116.8 117.5 118.2 118.9 119.6 120.3 121 121.7 122.4 123.1 123.8 124.5
68歳 125.2 125.9 126.6 127.3 128 128.7 129.4 130.1 130.8 131.5 132.2 132.9
69歳 133.6 134.3 135 135.7 136.4 137.1 137.8 138.5 139.2 139.9 140.6 141.3
70歳 142                      

老齢基礎年金
戻る