第3号被保険者の手続き

 厚生年金や共済組合に加入している人に扶養されている20歳以上60歳未満の妻または妻に扶養されている夫を、国民年金の第3号被保険者といいます。
 第3号被保険者の保険料は、配偶者の給料から天引きされるのではなく、厚生年金や共済組合の制度が負担しています。保険料は自分で納める必要はありません。
 次のようなときには、届出が必要です。
第3号被保険者の手続き
 
配偶者の扶養になったとき
 結婚した場合や、会社等を退職して配偶者の扶養になった場合、配偶者の勤務先から年金事務所へ手続きをしますので、ご自分で手続きをする必要はありません。
 
配偶者に扶養されなくなったとき
 収入の増加や雇用保険の受給開始による扶養認定の取消、離婚した場合に届出が必要です。
○ 手続きに必要なもの−年金手帳、扶養が取消となった日がわかる書類、印鑑(本人の届出の場合は不要)
 
■第3号被保険者の未届け期間の救済(平成17年4月施行)
 後から第3号被保険者の届出忘れに気付いた場合、これまでは2年前までさかのぼって承認してもらうことができましたが、それ以前については保険料の未納と同じ扱いとなっていました。
 平成17年4月から特例により、届出をしていただくと、2年以上さかのぼった期間も保険料納付済の取扱いになり、老後の年金額に反映されます。
届出が必要な人
・第3号被保険者に該当していたのにこれまで届出をしたことがない人
・第1号被保険者や第2号被保険者になり、再度第3号被保険者に該当したときに届出をしてない人
・承認されていると思われる期間について日本年金機構からの通知がこない人
・届いた通知の内容が思っていた期間と違っていた人
                                  など
※詳しくは日本年金機構幡多年金事務所(TEL 34-1616)までお問合せください。

第3号被保険者の手続き
もどる