国民年金受給の手続き

老齢基礎年金の受給の手続きについて 老齢基礎年金の受給の手続きについて
 65歳での請求手続きは、65歳の誕生日の前日から受付ができますので、市役所(市民課 市民係、西土佐住民分室)または幡多年金事務所までお越しください。
※国民年金のみの加入の方は、市役所で提出することができます。

必要な書類
 ・ 年金手帳
 ・ 印鑑(本人が手続きするときは不要)
 ・ 請求者名義の預金通帳
 ・ 戸籍謄本、戸籍抄本、住民票などのいずれか
※配偶者やご本人の状況によって必要な書類が変わります。

※ 厚生年金などを受給されている方の65歳からの老齢基礎年金の請求手続きは、誕生月に日本年金機構から送られてくる「国民年金・厚生年金保険老齢給付裁定請求書」(ハガキ)に市長の証明をとり、投函すれば手続きは完了です。

障害基礎年金の受給の手続きについて 障害基礎年金の受給の手続きについて
 障害基礎年金は初診日、納付要件、請求時期、障害の状態等の確認が必要です。要件が満たされていれば、請求手続きで必要な書類をご案内いたしますので、詳しくは幡多年金事務所または市役所(市民課 市民係、西土佐住民分室)までご相談ください。

遺族基礎年金の受給の手続きについて 遺族基礎年金の受給の手続きについて
 遺族基礎年金は受給要件の確認が必要です。受給要件が満たされていれば、請求手続きに必要なものをご案内します。詳しくは幡多年金事務所または市役所(市民課 市民係、西土佐住民分室)までご相談ください。

寡婦年金の受給の手続きについて 寡婦年金の受給の手続きについて
 寡婦年金は受給要件の確認が必要です。受給要件が満たされていれば、請求手続きに必要なものをご案内します。詳しくは幡多年金事務所または市役所(市民課 市民係、西土佐住民分室)までご相談ください。

必要な書類
 ・ 印鑑(請求者本人が手続きする場合は不要)
 ・ 請求者名義の預金通帳
 ・ 戸籍謄本(死亡した日と、死亡日までの10年以上の婚姻期間のわかるもの)
 ・ 住民票謄本(除票を含む)
 ・ 請求者の所得証明書

死亡一時金の受給の手続きについて 死亡一時金の受給の手続きについて
 納付等の要件を満たしている方で、死亡者と生計を同じくしていた遺族(配偶者、子、父母、孫、祖父母、兄弟姉妹)がいる場合、請求できます。 詳しくは幡多年金事務所または市役所(市民課 市民係、西土佐住民分室)までご相談ください。

必要な書類
 ・ 印鑑(請求者本人が手続きする場合は不要)
 ・ 請求者名義の預金通帳
 ・ 亡くなった方の年金手帳
 ・ 戸籍謄本(亡くなった方と請求者の続柄のわかるもの)
 ・ 住民票謄本(除票を含む)

国民年金受給の手続き
もどる