国民年金の加入方法

 国民年金は、日本国内に住むすべての人が20歳から60歳になるまで加入する制度です。したがって、20歳になったら国民年金に加入しなければなりません。
 厚生年金や共済組合に加入している人は、国民年金に加入していることになっているので、改めて加入する必要はありません。ただし、会社等を退職したときには手続きが必要です。
 
20歳になったとき
 20歳の誕生月の前月に日本年金機構から送られてくる「国民年金被保険者資格取得届」に必要事項を記入のうえ市役所(市民・人権課 市民係、西土佐住民分室))または幡多年金事務所に提出してください。年金手帳は日本年金機構から送付されます。
 
会社等へ就職したとき
 会社等に就職し、厚生年金や共済組合に加入された人は、会社等が手続きを行いますので、国民年金の手続きは必要ありません。
 
会社等を退職したとき
 会社等を退職されたときには、厚生年金や共済組合から国民年金への移行手続きが必要となります。また、配偶者を扶養している場合には、併せて配偶者の届出も必要です。市役所(市民・人権課 市民係、西土佐住民分室)または幡多年金事務所で手続きを行ってください。
○ 手続きに必要なもの
  −年金手帳、退職した日が確認できる書類、印鑑(本人の届出の場合は不要)
 
任意加入したいとき
 年金の受給資格を満たすため、また年金額を増やす等の理由で、60歳以上の人が任意加入を希望する場合は、市役所(市民・人権課 市民係、西土佐住民分室)または幡多年金事務所での手続きが必要です。

*保険料の納付・・・原則、口座振替になります。
○ 手続きに必要なもの
  −年金手帳、印鑑(本人の届出の場合は不要)、預金通帳、通帳の届出印)

国民年金の加入方法
もどる