障害基礎年金

障害基礎年金は次の条件を満たした場合に支給されます。
(1) 初診日(病気やケガで初めて医師の診察を受けた日)において国民年金の被保険者であること。ただし、60歳以上65歳未満で日本国内に住んでいれば、被保険者でなくなった後の傷病によるものでも受けられます。
(2) 障害認定日に、1級または2級の障害になっていること
(3) 一定の保険料納付要件を満たしていること

※障害認定日とは 障害基礎年金
   原則として病気やケガにより、初めて医師の診療を受けた日から1年6ヶ月を経過した日。または、1年6ヶ月以内に症状が固定した日を「障害認定日」といいます。

保険料納付要件
 障害基礎年金を受けるために、保険料を納めていなければならない期間がある場合は、初診日の前日に次の要件を満たしていなければなりません。
 なお、保険料を納めていなければならない期間とは、初診日の属する月の前々月までの国民年金の被保険者期間のことですが、初診日が平成3年5月1日以前の場合は、初診日の属する月前の直近の基準月(1月、4月、7月、10月)の前月までの被保険者期間とされています。
(1) 保険料納付済期間と保険料免除期間が、保険料を納めていなければならない期間の3分の2以上あること。つまり、保険料を滞納した期間が3分の1以上ないこと。
(2)

初診日において65歳未満であり、初診日のある月の前々月までの1年間に保険料の未納がないこと。
(初診日が平成38年3月31日までにあるとき)


初診日
 20歳前(国民年金の被保険者になる前)に初診日がある場合は、20歳に達したとき(障害認定日が20歳以後のときは障害認定日)に1級または2級に該当する障害になっていれば、障害基礎年金が支給されます。ただし、受給権者に一定以上の所得がある場合には、支給停止となります。
 
年金額
 障害基礎年金の年金額は、障害の程度に応じて支給されます。
障害の程度 年金額
1級 975,100円
2級 780,100円
 
子の加算額
 障害基礎年金の受給権を取得した当時、受給権者に生計を維持されている18歳までの子、または20歳未満で障害の1級・2級の状態にある子がいるときは、年金額が加算されます。
加 算 対 象 の 子 加 算 額
1人目・2人目の子 各 224,500円
3 人 目 以 降 各  74,800円
 
請求手続きについて
 国民年金の手続きをご覧ください。[ 国民年金の手続き ]

障害基礎年金
戻る