高齢者肺炎球菌ワクチン接種費用の助成を行います 「高齢者肺炎球菌感染症予防接種」についてご案内いたします  
高齢者肺炎球菌ワクチン接種費用の助成を行います


 平成26年10月1日から、高齢者肺炎球菌感染症の予防接種が法律で定められた定期の予防接種となりました。 定期の予防接種の対象となる方は毎年異なるため、この機会を逃さないようご注意ください。
 高齢者肺炎球菌感染症予防接種は、肺炎球菌という細菌によって引き起こされる病気を予防するためのワクチンです。この予防接種は受けなければならないという法的な義務はなく、あくまで対象者であるご本人が希望する場合にのみ接種できるものです。対象者には年度初めに通知が届きます。



■ 実施期間 平成29年4月1日 〜 平成30年3月31日
 (ただし、受託医療機関の休診日は除きます。)

■ 平成29年度の対象者
 

 四万十市に住民票があり、過去に高齢者肺炎球菌感染症の予防接種を受けたことのない人のうち、次の@又はAに該当する者

@平成29年度中に次の年齢となる方
  (平成29年度のみ対象。5年後に再接種可能となることはありません。)

  65歳(昭和27年4月2日 〜 昭和28年4月1日生)
  70歳(昭和22年4月2日 〜 昭和23年4月1日生)
  75歳(昭和17年4月2日 〜 昭和18年4月1日生)
  80歳(昭和12年4月2日 〜 昭和13年4月1日生)
  85歳(昭和 7年4月2日 〜 昭和 8年4月1日生)
  90歳(昭和 2年4月2日 〜 昭和 3年4月1日生)
  95歳(大正11年4月2日 〜 大正12年4月1日生)
  100歳(大正6年4月2日〜大正7年4月1日生)

A接種時に60歳から65歳未満の方で、心臓、じん臓、呼吸器又はヒト免疫
  不全ウイルスによる免疫機能で身障1級相当の障害を有する者


■ 対象者への通知

対象者@に該当する方には、個別通知を行い予診票を同封しております。
対象者Aに該当する方には、個別通知を行いませんので、接種を希望する人は、下記までお問い合わせください。

 


■ 接種料金 2,000円
ただし、生活保護世帯の対象者については無料。(申請により自己負担金免除証明書を下記問い合わせ先にて発行します。)

■ 接種回数 1回

■ 接種方法

高知県内の受託医療機関での個別接種
  (事前に各医療機関へお問い合わせください。)
<持っていくもの> ・予診票
              ・接種料金
              ・保険証など本人確認できるもの
※受託医療機関については、高知県のホームページをご覧ください。
※医療機関への入院や施設入所等、特別な事情により高知県内の医療機関で接種ができない場合は、高知県外での接種にかかる費用を助成する制度があります。この制度の利用には、接種前に市への事前申請が必要となりますので、下記問い合わせ先までご連絡ください。




● 問い合わせ先: (本庁) 保健介護課 地域保健係  電話:34-1823
(総合支所) 保健課 保健係     電話:52-1132


高齢者肺炎球菌ワクチン接種費用の助成を行います
戻る