子どもの予防接種 「子どもの予防接種」についてご案内します  
子どもの予防接種

 四万十市では、予防接種法に基づき、定期の予防接種を実施しています。
 体調のいいときを選んで、接種対象年齢の期間に早めに接種を受けましょう。

 予防接種については、母子手帳交付時に配付している小冊子「予防接種と子どもの健康」をよく読んで理解していただき、不明な点がありましたら担当課までお問い合わせください。


1.予防接種の種類  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 予防接種の種類
2.いつ、どこで受けられるの?予防接種の費用は?  ・・・・ いつ、どこで受けられるの?
3.予防接種健康被害救済制度について  ・・・・・・・・・・ 四万十市近辺受託医療機関一覧表
4.予防接種を受ける前に  ・・・・・・・・・・・・・・・・ 予防接種の費用
5.予防接種を受けたあとで  ・・・・・・・・・・・・・・・ 予防接種の接種間隔
6.転出・転入したとき  ・・・・・・・・・・・・・・・・・ 予定日に受けられなかった時



1. 予防接種の種類(対象者、接種間隔等)
 (1)定期の予防接種<子どもの予防接種>
種類

接種対象年齢
(標準的な接種)

接種回数及び間隔
ヒブ(Hib)感染症

生後2月から60月(5歳)に至るまでの間
(標準的には生後2月から7月に至るまでの間に接種開始)

[接種開始が生後2月から7月未満の場合]
初回3回
追加1回

<初回接種>
 27日※以上の間隔をあけて3回又は2回(標準的には27日※から56日までの間隔をあけて3回又は2回)
※医師が必要と認めた場合は20日
<追加接種>

初回接種終了後7月以上の間隔をあけて1回(標準的には7月から13月の間隔をあけて1回)

ただし、初回2回目及び3回目の接種は生後12月に至るまでに受けることとし、それを超えた場合は、初回接種に係る最後の接種終了後27日※以上の間隔をおいて1回追加接種
※医師が必要と認めた場合は20日

[接種開始が生後7月から12月未満の場合]
初回2回
追加1回

[接種開始が生後12月から60月未満の場合]
1回

小児用肺炎球菌感染症

生後2月から60月(5歳)に至るまでの間
(標準的には生後2月から7月に至るまでの間に接種開始)

[接種開始が生後2月から7月未満の場合]
初回3回
追加1回

<初回接種>
 27日以上の間隔をあけて3回(標準的には生後12月までに)
<追加接種>
 初回接種終了後60日以上の間隔をおいて、生後12月以降に1回(標準的には生後12月から15月までの間)

ただし、初回2回目及び3回目の接種は、生後24月までに受けることとし、それを超えた場合は追加接種を行う。また、初回2回目の接種は生後12月までに受けることとし、それを超えた場合は3回目の接種は行わない。

[接種開始が生後7月から12月未満の場合]
初回2回
追加1回

<初回接種>
 27日以上の間隔をあけて2回(標準的には生後12月までに)
<追加接種>
 初回接種終了後60日以上の間隔をおいて、生後12月以降に1回(標準的には生後12月から15月までの間)

ただし、初回2回目の接種は、生後24月までに受けることとし、それを超えた場合は追加接種を行う。

[接種開始が生後12月から24月未満の場合]
2回

60日以上の間隔をあけて2回

[接種開始が生後24月から60月未満の場合]
1回

B型肝炎 生後1歳に至るまでの間
(標準的には生後2月から9月に至るまでの間)
3回 1回目から27日以上の間隔をあけて2回目を接種し、さらに1回目から139日以上の間隔をあけて3回目
不活化ポリオ
(急性灰白髄炎)
(※1)

生後3月から90月に至るまでの間
(標準的には生後12月に達するまでに初回接種)

<初回接種>
 20日以上の間隔(標準的には20日から56日までの間隔)をあけて3回
<追加接種>
 初回接種終了後6月以上の間隔(標準的には初回接種終了後12月から18月までの間隔)をあけて1回

混合接種1期(※2)
[四種混合(ジフテリア、百日咳、破傷風、ポリオ)]
[三種混合(ジフテリア、百日咳、破傷風、ポリオ)]

生後3月から90月に至るまでの間
(標準的には生後12月に達するまでに初回接種)

<初回接種>
 20日以上の間隔(標準的には20日から56日までの間隔)をあけて3回
<追加接種>
  初回接種終了後6月以上の間隔(標準的には初回接種終了後12月から18月までの間隔)をあけて1回

混合接種2期
[二種混合(ジフテリア、破傷風)]

11歳以上13歳未満(標準的には11歳で接種) 1回
BCG

生後1歳に至るまでの間
(標準的には生後5月から8月までに接種)

1回
麻しん風しん混合(MR) 生後12月から24月に至るまでの間 <1期>1回
小学校就学前の1年間(いわゆる保育所等の年長児に相当する人) <2期>1回
水痘

生後12月から36月に至るまでの間
(標準的には生後12月から15月に至るまでの間に接種開始)

3月以上の間隔(標準的には6月から12月の間隔)をあけて2回
ただし、水痘にかかったことがある人は対象外

日本脳炎
(※3)

生後6月から90月に至るまでの間
(標準的には3歳児に初回接種、4歳時に追加接種)

<1期 初回接種>
 6日以上の間隔(標準的には6日から28日までの間隔)をあけて2回
<1期 追加接種>
  初回接種終了後6月以上の間隔(標準的には初回接種終了後おおむね1年を経過した時期)をあけて1回

9歳以上13歳未満
(9歳で接種)

<2期>1回

子宮頸がん予防(ヒトパピローマウイルス感染症)
≪積極的な勧奨を差し控えています≫

12歳となる日の属する年度の初日から、16歳となる日の属する年度の末日まで(いわゆる小学校6年生から高校1年生相当)の女子
(標準的には中学校1年生相当の間に接種)

3回

<2価ワクチン>(サーバリックス)
 1月の間隔をあけて2回
 1回目から5月以上、2回目から2月半以上の間隔(標準的には1回目から6月の間隔)をあけて1回

<4価ワクチン>(ガーダシル)
 1月以上の間隔(標準的には2月の間隔)をあけて2回
 2回目から3月以上の間隔(標準的には1回目の接種から6月の間隔)をあけて1回


 ※1  ポリオの予防接種は、口から飲む生ポリオワクチンから、皮下に注射する不活化ポリオワクチンへと変わりました。生ポリオワクチンの接種歴により、不活化ポリオワクチンの接種回数が異なります。[生ポリオ2回で接種完了、生ポリオ1回の場合は残り不活化ポリオ3回で接種完了)] 四種混合の接種を開始している場合は、不活化ポリオワクチンの接種は必要ありません。
 ※2  混合接種1期は、四種混合ワクチン又は三種混合ワクチンのどちらか一方の接種となります。四種混合ワクチンを接種した方は、不活化ポリオワクチンの接種は必要ありません。三種混合ワクチンの接種をしている場合は、ポリオワクチン[生ポリオの場合は2回(現在は接種終了)、不活化ポリオの場合は4回]の接種が必要となります。 ただし、平成26年12月より、三種混合ワクチンの製造中止に伴い、三種混合の接種が完了していない場合は、不活化ポリオの接種が4回を超えない範囲で、原則四種混合での接種へ切り替えとなります。
 ※3

 平成17年度から平成21年度の間に日本脳炎の予防接種の機会を逃した方について特例があり、平成7年4月2日〜平成19年4月1日生まれの方は、20歳の誕生日の前日まで、1期・2期の接種不足回数分の接種を受けることができます。ただし、2期は9歳以上に限ります。
平成19年4月2日〜平成21年10月1日生まれの方は、9歳から13歳までの間、1期不足分の接種を受けることができます。
予診票をお持ちでない場合は、担当課までご連絡ください。

○1期を一度も接種していない場合は、通常の接種間隔を守って接種してください。(初回接種は6日以上、標準的には6日〜28日の間隔をあけて2回、追加接種が初回接種終了後6月以上、標準的にはおおむね1年を経過した時期に1回)
○1期の接種が完了せず、途中になっている場合は、6日以上の間隔をあけて、不足している残りの回数を接種してください。
○2期接種は、9歳以降に、1期接種終了後6日以上の間隔をあけて1回接種してください。(接種間隔については、年齢等を考慮し接種医と相談してください。)

<長期療養を必要とする疫病により、定期の予防接種を受けられなかった場合>
  長期療養を必要とする疫病にかかったこと等により、やむを得ず定期の予防接種を接種対象年齢の間に受けられなかった場合、予防接種を受けられない要因となった疫病が回復し、主治医の許可を得て接種できるようになった日から2年間、ただし高齢者肺炎球菌感染症は1年間(定期の予防接種のうち高齢者インフルエンザを除く)、定期の予防接種として受けることができます。(対象となる疫病あり。一部接種上限年齢あり。)
 この制度を利用するためには、接種前に市への事前申請が必要となりますので、詳細については、担当課までお問い合わせください。


 (2)任意の予防接種(法律で定められていない予防接種)

 定期の予防接種以外を任意接種といい、ロタウイルス、B型肝炎、流行性耳下腺炎(おたふくかぜ)、インフルエンザ等がこれにあたります。これらの任意接種は、全て自費で受けていただくことになります。詳しいことはかかりつけの医療機関にご相談ください。


このページのトップに戻る 戻る



2. いつ、どこで受けられるの?予防接種の費用は?

 予防接種の予診票は、対象年齢になるときに市から送付します。ただし、BCGワクチンは生後5月に達するとき、日本脳炎ワクチンは3歳に達するときに通知します。子宮頸がん予防ワクチンは、積極的勧奨を見合わせています。
 予防接種は、それぞれ適した年齢があります、標準の年齢内にできるだけ早い時期に受けましょう。
 また、予防接種を受けるには原則保護者の同伴が必要です。祖父母など保護者以外の方が同伴する場合は、保護者の委任状が必要となります。ただし、13歳以上の方が、日本脳炎及び子宮頸がん予防ワクチンを接種する場合で、あらかじめ、接種することの同意を予診票の保護者自署欄に記入している場合は、保護者の同伴がなくても接種できます。

 (1)受託医療機関
 予防接種は、市内の医療機関(四万十市近辺の子どもの予防接種受託医療機関一覧.pdf)のほか、高知県内の受託医療機関で接種を受けることができます。県内の受託医療機関については、担当課へお問い合わせいただくか、インターネットで高知県のホームページでもご確認いただけます。

 (2)高知県内の医療機関で接種ができない場合
 里帰り出産や医療機関への入院等、特別な事情により高知県内の医療機関で接種ができない場合は、高知県外での接種にかかる費用を助成する制度があります。この制度の利用には、接種前に市への事前申請が必要となりますので、担当課までお問い合わせください。

 (3)予防接種の費用について
 子どもの予防接種について、接種費用は無料です。ただし、対象年齢を過ぎると有料となりますのでご注意ください。

このページのトップに戻る 戻る



3. 予防接種健康被害救済制度について

重い副反応が出現する頻度は極めて稀ですが、皆さんが安心して予防接種が受けられるように、予防接種法では、予防接種健康被害救済制度が設けられています。接種後、異常のあるときは速やかに医師の診察を受けてください。

 (1)定期の予防接種の場合
 重い副反応が生じた場合で、厚生労働大臣が予防接種法に基づく定期予防接種によるものと認定したときは、予防接種法に基づく健康被害救済の対象になります。

 (2)任意接種の場合
 予防接種法に基づく定期予防接種として定められた対象年齢を外れて接種をする場合や任意の予防接種を受ける場合は、予防接種法に基づかない接種(任意接種)として取り扱われます。その接種で健康被害を受けた場合は、独立行政法人医薬品医療機器総合機構法に基づく救済を受けることになりますが、予防接種法による救済とは内容が異なります。


このページのトップに戻る 戻る



4. 予防接種を受ける前に

 (1)予防接種についてよく理解しておく
 小冊子「予防接種と子どもの健康」を必ず読んでおきましょう。小冊子をお持ちでない方は、担当課までご連絡ください。

 (2)接種日・時間・場所を確認
 受託医療機関ごとに予防接種を受けることができる曜日や時間が異なりますので、いつ受けられるのか確認しておきましょう。

 (3)前回の接種との間隔は大丈夫?
 予防接種のワクチンには、生ワクチン、不活化ワクチンがあります。ワクチン効果や安全性を高めるために、予防接種の回数や間隔が異なりますので注意しましょう。

 (4)予防接種の前はお子さんの体調を整えて
 予防接種は体調の良いときに受けましょう。

 (5)予診票の記入
 診断する医師にとって、予診票は大事な情報源です。必ず記入し持って行きましょう。

 (6)母子健康手帳・予診票を持って医療機関へ
 忘れ物がないか確認しましょう。(保護者以外の方が同伴する場合は委任状が必要です。また、念のため保険証も持参しましょう。)


このページのトップに戻る 戻る



5. 予防接種を受けたあとで

(1) 母子健康手帳に予防接種の記録が記載されているか確認します。
(2) 接種後30分はお子さんの体調に変化がないか様子を見てください。
(3) 接種当日も普段どおりに過ごしてかまいません。ただし、激しい運動は避けましょう。
(4) 入浴は差し支えありません。接種部位は清潔に保ち、こすることはやめましょう。
(5)

生ワクチンでは接種後4週間、不活化ワクチンでは接種後1週間は副反応の出現に注意しましょう。また、お子さんに気になる症状があるときは、接種した医師の診察を受けましょう。

 ※BCGを接種した場合、通常は接種後10日ごろに針痕部位に発赤が生じ、その後1月から2月頃に化膿巣が現れます。また、結核既感染者にあたっては、接種後10日以内に接種局所の発赤、膨張及び針痕部位に化膿が生じることがあります。(これをコッホ現象といいます。)コッホ現象と思われる反応が見られた場合は、すみやかに接種した医師の診察を受けてください。



このページのトップに戻る 戻る



6. 転出・転入したとき

(1) 四万十市から市外に転出した場合
  四万十市の発行した予診票は使用できませんので、転出先の市町村で手続きをしてください。
(2) 市外から四万十市に転入した場合
  転入手続きをされた後、予防接種の接種状況を担当課までご連絡ください。



<担当課> (本庁)保健介護課 地域保健係 TEL(0880)34−1823
 

(総合支所)保健課 保健係    TEL(0880)52−1132



子どもの予防接種
戻る