介護保険料について
     
第三者行為(交通事故等)で介護サービスを受ける時は市への届け出が必要となりました。
 
 
   介護保険の被保険者の方は、交通事故などの第三者行為によって状態が悪化した場合でも介護保険サービスを受けることができます。  
   ただし、介護保険サービスの提供にかかった費用は加害者が負担するのが原則ですので、市が一時的に立て替えた後で加害者へ請求することになります。  
   市が支払った介護給付が第三者行為によるものかを把握する必要があるため、平成28年4月1日から、介護保険の第1号被保険者の方が、交通事故等の第三者行為を起因として介護保険サービスを受けた場合は、届出が必要となりました  
   交通事故等により要介護等状態になった場合や、状態が悪化した場合は、四万十市役所保健介護課まで届出をお願いします。  
  第三者行為とは・・・交通事故等の第三者による不法行為を「第三者行為」といいます。  
   【介護保険法施行規則の改正について】  
   地域における医療及び介護の総合的な確保を推進するための関係法律の整備等に関する法律の一部の施行に伴う厚生労働省関係省令の整備等に関する省令(平成28年厚生労働省令第53号)により介護保険法施行規則第33条の2が新設され、介護給付、予防給付又は市町村特別給付の支給に係る事由が第三者の行為によって生じたものであるときは、第1号被保険者は、遅滞なく、@届出に係る事実A第三者の氏名及び住所または居所(氏名又は住所若しくは居所が明らかでないときは、その旨)B被害の状況を記載した届書を、保険者に提出しなければならないとされました。  
     
   【届出の様式等について】  
   交通事故等の第三者行為を起因として介護保険サービスを受けた場合は、以下の必要書類を揃えて四万十市へ提出してください。  
  すでに医療保険で求償をしている場合は、提出書類が省略できることもありますので事前にご相談ください。  
  求償予定について示談を締結した場合、求償できない場合があります。  
  第2号被保険者(40歳以上65歳未満)が、交通事故が原因で介護が必要となった場合は、介護保険サービスの利用はできません。(第2号被保険者は、特定疾病により介護や支援が必要となった場合に限り、要介護の認定をしているためです。)  
   @ 第三者行為による介護給付届 【記載要領】  
   A 確約書 【記載要領】    
   B 事故発生状況報告書    
   C 念書 【記載要領】    
     D 交通事故証明書  
     
   第三者行為の届出義務化にかかる留意事項  
   介護保険最新情報 Vol.540 第三者行為の届出義務化等にかかる留意事項について  
     
   第三者行為による保険給付と損害賠償請求権に係るQ&A  
   介護保険最新情報 Vol.541 第三者行為による保険給付と損害賠償請求権に係るQ&Aの改正について  
     
     
 
お問い合わせ先 このページに関するお問い合わせ先
地域 中 村 地 域 西 土 佐 地 域
問い合わせ先  四万十市保健介護課 介護保険係  西土佐総合支所 保健課 保健係
TEL  (0880)34-1165  (0880)52-1132
E-mail  kaigo@city.shimanto.lg.jp  n-hoken@city.shimanto.lg.jp
 
     
   

前の画面に戻る Copyright Shimanto-City Office All Rights Reserved