住民票・戸籍・印鑑 「市内で引っ越したとき(転居届)」についてご案内します  
住民票・戸籍・印鑑

 市内で引っ越しをした方は、新しい住所に住み始めてから14日以内に転居届を出してください。

 届出ができる方は、本人もしくは転居前の同一世帯の方です。代理人の方が届出を行う場合は委任状が必要です。


 ☆転居するとき持参するもの
  ・届出人(窓口に来た方)の本人確認書類(※1)
  ・委任状(届出人(窓口に来た方)が代理人の場合)・・・様式ダウンロード
  ・マイナンバーカードまたはマイナンバー通知カード
  ・国民健康保険に加入している方はその保険証
  ・後期高齢者医療制度に加入されている方は、その保険証
  ・介護保険被保険者はその保険証
  ・国民年金に加入している方は、年金手帳

※印鑑登録をしている方は、今お持ちの印鑑登録証はそのまま使えます。また、印鑑登録をしている住所は、転居の届出により自動的に変更されます。

(※1):本人確認書類
1点で良いもの 運転免許証、パスポート、マイナンバーカード、住民基本台帳カード(写真付き)、身体障害者手帳、療育手帳、在留カード・特別永住者証明書など
2点必要なもの 保険証、国民年金手帳、年金証書、住民基本台帳カード(写真なし)、通帳、キャッシュカードなど

●詳しくは、
 本庁市民課(電話34−1113)または、西土佐総合支所 西土佐住民分室(電話52−1111)までお問い合わせください。

住民票・戸籍・印鑑
戻る