住民票・戸籍・印鑑 「死亡届」についてご案内します  
住民票・戸籍・印鑑

 不幸にして家族の方などが亡くなられたときは、死亡の事実を知った日から7日以内に死亡届を市民課又は西土佐総合支所にお届けください。届出の際、埋火葬の許可証を発行します。
 届け出る方は、同居の親族、同居していない親族、同居者、家主または地主の順となります。
 届書の用紙は、市民課窓口又は西土佐総合支所と病院にありますので、死亡診断書欄を医師に記入してもらい、届出人がその他必要事項を記入して届け出てください。
 持参していただくものは、死亡届書、届書に添付されている死亡診断書、届出人の印鑑、国民健康保険に加入している方・介護保険被保険者は、保険証、国民年金に加入している方は年金手帳、印鑑登録をしていた方は印鑑登録証です。
 届書は、正午から午後1時まではお預かりとし、審査は1時からとなります。また、午後5時30分以降や土曜日、日曜日、祝日などは当直室でお預かりし、審査は後日となりますが、届出日はお預かりの日となります。
 また、幡多中央斎場(火葬場)を利用される場合は、中央斎場(8:30〜17:00)か、それ以外は市役所又は西土佐総合支所の当直に火葬場使用の予約をしてください。

●詳しくは、
  本庁市民課(電話34−1113)または、西土佐総合支所 西土佐住民分室(電話52−1111)までお問い合わせください。


住民票・戸籍・印鑑
戻る