マイナンバー通知カードの各種手続き
 

マイナンバー通知カードについて

マイナンバー通知カードについて

   
通知カードの交付 通知カードの交付
   
通知カードをなくしたとき 通知カードをなくしたとき
   
通知カードの再発行 通知カードの再発行
   
転出するとき 転出するとき
   
市内で転居するとき 市内で転居するとき
   
婚姻等により氏名等が変更になったとき 婚姻等により氏名等が変更になったとき
   
死亡したとき 死亡したとき





   

マイナンバー通知カードについて

 マイナンバー通知カードについて

マイナンバー通知カード マイナンバー通知カード
おもて うら

・「マイナンバーを証明する書類」として利用することができます。
 ※ご注意:「本人確認の際の身分証明書」として利用することはできません。
 ※通知カードの詳しい説明は 「通知カードについて」(地方公共団体情報システム機構(J-LIS)HP) をご覧ください。
  (https://www.kojinbango-card.go.jp/tsuchicard/index.html




  - 上に戻る -

   

通知カードの交付

 通知カードの交付

平成27年10月5日のマイナンバー法の施行により、住民票の登録のある全国民(外国人を含む)に自動的に配布されます。

平成27年10月5日以降に生まれた方や、外国から転入された方には随時自動的に発行します。
カードは住民票の住所の世帯主宛に簡易書留郵便にて送付されます。




  - 上に戻る -

   

通知カードをなくしたとき

 通知カードをなくしたとき

市の窓口で、「通知カード紛失届」を提出ください。

再発行を希望する場合は次の「通知カードの再発行」をご覧ください。
   
再交付には3週間程度かかります。急いでマイナンバーの証明が必要な場合は「マイナンバーを表示した住民票」を取得ください。




  - 上に戻る -

   

通知カードの再発行

 通知カードの再発行

通知カードまたは個人番号カードをなくしたなどの事情で再発行を希望する場合は、市の窓口で、「通知カード再交付申請書」を提出ください。この際、次の書類が必要となります。

 

◇なくした場合
 警察署に遺失届を行い、その際の遺失届受理番号等を記載した「通知カード紛失届」
 (家の中で失くしたことが確実な場合は警察署への届け出は必要ありません。)
◇火事や災害による場合
 消防署または市町村の発行する「罹災証明書」
◇全ての場合
 本人の本人確認書類
◇代理人が申請する場合
 代理権を証明するもの(委任状など)
 代理人の本人確認書類
 この場合も本人の本人確認書類も必要です。

   
  ※重要
 紛失等本人の過失で再発行を行う場合は、再発行の手数料が必要です。
 ◎通知カード再発行手数料:500円
   
 

☆アドバイス
 通知カードを失くしたときは、再発行せず、写真付きの「マイナンバーカード」の交付を申請することをお勧めします。
 「マイナンバーカード」は初回の発行が無料ですので、写真を用意するだけで発行できます





  - 上に戻る -

   

転出するとき

 転出するとき

お持ちの通知カードはそのまま使用します。

転入先の市町村窓口で転入手続きをする際、通知カードを持参ください。
通知カードの裏面に新住所が記載されます。
手続きには本人確認書類が必要です。




  - 上に戻る -

   

市内で転居するとき

 市内で転居するとき

市の窓口で転居の手続きをする際、通知カードを持参ください。

通知カードの裏面に新住所を記載します。
手続きには本人確認書類が必要です。




  - 上に戻る -

   

婚姻等により氏名等が変更になったとき

 婚姻等により氏名等が変更になったとき

市の窓口に通知カードを持参ください。

通知カードの裏面に変更事項を記載します。
手続きには本人確認書類が必要です。




  - 上に戻る -

   

死亡したとき

 死亡したとき

市窓口に、「通知カード返納届」を添え、通知カードを返納してください。












   

■ 本人確認書類


@

住民基本台帳カード(写真付きに限る。)・運転免許証・運転経歴証明書(交付年月日が平成24年4月1日以降のものに限る)・旅券・身体障害者手帳・精神障害者保健福祉手帳・療育手帳・在留カード・特別永住者証明書・一時庇護許可書・仮滞在許可書のうち1点

A

これらをお持ちでない方は、「氏名・生年月日」または「氏名・住所」が記載され、市区町村長が適当と認める2点
(例)健康保険証、年金手帳、社員証、学生証、学校名が記載された各種書類、預金通帳、医療受給者証





















外国人住民の方の手続き
戻る