住民票・戸籍・印鑑 「婚姻届」についてご案内します  
住民票・戸籍・印鑑

 届出には婚姻届の用紙1通と、それぞれの本籍地以外の役所に届出する場合は戸籍謄本を1通ご用意ください。夫または妻になる人の本籍がともに市内にある場合、戸籍謄本は必要ありません。
 なお、届出には証人が2人必要ですが、20歳以上の方であればどなたでも結構です。
 届出人欄は夫または妻になる人がそれぞれ自分で記入し、捺印してください。その際、姓は結婚前のものとなります。届書を持参した人の本人確認をしますので、運転免許書、パスポート等をご持参ください。
 婚姻届は閉庁後や昼休み、土曜日、日曜日、祝祭日でも宿直、日直職員が受付けています。
 届書は正午から午後1時まではお預りとし1時からの審査となります。また、午後5時30分以降や土曜日、日曜日、祝祭日などは当直室でお預りとし、後日審査となりますが、婚姻届を出した日が結婚の日となります。

●詳しくは、
  本庁市民課(電話34−1113)または、西土佐総合支所 西土佐住民分室(電話52−1111)までお問い合わせください。


住民票・戸籍・印鑑
戻る