外国人登録原票記載事項証明書は発行できなくなりました 外国人登録原票記載事項証明書は発行できなくなりました
外国人登録原票記載事項証明書は発行できなくなりました


外国人登録原票記載事項証明書

外国人登録原票記載事項証明書(平成24年7月9日から発行できなくなりました)

 四万十市内に外国人登録をされていた方の証明は、平成24年7月9日から住民票の写しでの証明に変わりました。
 氏名(及び通称名)、性別、生年月日、住所等が記載されています。その他特別永住者又は中長期在留者等の区分、在留資格や在留期間、特別永住者証明書・在留カード等の番号等の項目についても、必要があれば証明できます。世帯全員の証明や一部の方のみの証明をとることができます。
 四万十市内に住民登録のある方は、(本庁)市民・人権課、(総合支所)西土佐住民分室でおとりいただけます。




外国人登録原票記載事項証明書は発行できなくなります

外国人登録原票記載事項証明書は発行できなくなります(7月9日以降)

 平成24年7月9日からは、外国人登録法が廃止され、新たに外国人住民の住民基本台帳制度がスタートしました。これに伴い、外国人登録原票記載事項証明書は、発行できません。居住地等の証明は「住民票の写し」をお取りいただくことになりますが、7月9日より前の居住地や家族事項などの証明は「住民票」には記載されていません。
 なお、7月9日以降に、外国人登録原票の記載事項が必要になった場合は、法務省秘書課個人情報保護係に個人情報の開示請求をしていただくこととなります。また、亡くなられた方の外国人登録原票記載事項証明書は、法務省入国管理局に請求していただくこととなります。詳しくは、法務省のホームページをご覧ください。




◆法務省個人情報開示請求について(個人情報保護係)
  http://www.moj.go.jp/hisho/bunsho/hisho02_00006.html
◆亡くなられた方の外国人登録原票記載事項証明書について
  http://www.immi-moj.go.jp/news-list/121019_01.html





●詳しくは、 
 本庁市民・人権課(電話34−1113)または、総合支所西土佐住民分室(電話52−1111)までお問い合わせください。
 
住民票・戸籍・印鑑
戻る