住民票・戸籍・印鑑 平成24年7月9日に外国人住民の住民登録制度が変わりました! 
住民票・戸籍・印鑑


平成24年7月9日に外国人住民の住民登録制度が変わりました。

 日本に入国・在留する外国人が年々増加していること等を背景に、市町村が日本人と同様に、外国人住民に対し基礎的行政サービスを提供する基盤となる制度の必要性が高まってきていることから、外国人住民についても日本人と同様に、住民基本台帳法の適用対象に加え、外国人住民の利便の増進及び市町村等の行政の合理化を図るための、「住民基本台帳法の一部を改正する法律」が平成24年7月9日に施行されました。

 

▼総務省からのお知らせ
http://www.soumu.go.jp/menu_kyotsuu/important/kinkyu02_000123.html

 

≪改正のポイント≫

外国人登録法が廃止され、住民基本台帳法の適用対象に加わりました。

 外国人住民の方は、外国人登録法に基づき外国人登録原票に記載され、日本人住民とは異なる制度に登録されていました。そのため、住民票には記載されていませんでした。
 このたびの改正で、外国人登録法が廃止され、外国人住民の方も日本人住民の方と同様に住民票に記載されることになりました。
 これまで外国人住民と日本人住民が一緒に暮らしている複数国籍世帯では、外国人登録原票記載事項証明書と住民票とで別々に証明を取得する必要がありましたが、改正後は同一世帯であれば住民票に一緒に記載されることとなります。
 住民票の記載項目は、外国人登録制度から大幅に軽減されます。





●詳しくは、 
 本庁市民課(電話34−1113)または、西土佐住民分室(電話52−1111)までお問い合わせください。
 
住民票・戸籍・印鑑
戻る