ねんきん情報&こども 「学生の保険料免除制度(学生納付特例制度)」について 拡大文字スタイル標準文字スタイル
ねんきん情報&こども

 20歳以上の学生さんも国民年金に加入することになっています。しかし、学生の方は通常無収入であり、保険料の拠出が親の負担に頼る結果となっています。このことから、本人が一定所得以下の場合には、学生専用の保険料免除制度が平成12年4月からスタートしました。

学生専用の免除基準
 学生本人の所得が一定以下の場合は、親元世帯の収入にかかわらず申請することにより保険料が全額免除されます。
 しかし、以下の2点については注意が必要です。

@ 免除を受けた期間は受給資格期間には含まれますが、老齢基礎年金額には反映されません。
A 免除を受けた期間から10年間は追納することができます。追納することで将来受け取る老齢基礎年金額を満額に近づけることができます。

 学生納付特例期間中に病気やケガで障害が残ったときでも、受給資格があれば障害基礎年金が支給されます。

免除申請の方法
 「国民年金保険料免除申請書(学生用)」を毎年、本人またはご家族の人が住民登録している市区町村役場の国民国保年金係へ提出して下さい。その際、学生を証する証明書(在学証明書、学生証の写し等)を併せて提出して下さい。

●詳しくは、市民課年金係(34−1113)までご相談ください。


ねんきん情報&こども
戻る