国民健康保険 国民健康保険の退職者医療制度」についてご案内します  
国民健康保険

 長期にわたって、会社や役所に勤務していた方が退職し、現在、国民健康保険に加入していて、厚生年金などの被用者年金を受けている方、およびその扶養者は、退職被保険者本人が65歳になるまで、退職者医療制度で医療を受けることになります。
 対象となるのは、次の3つの条件すべてに該当する方とその被扶養者です。

【退職本人に該当する人】
1 平成27年3月31日以前に国民健康保険の資格を取得された65歳未満の国保加入者
2 国民年金を除く厚生年金、各種共済組合などの老齢年金や退職年金などの受給者で、その被保険者期間が20年以上あるか、または40歳以降10年以上あること

【退職被扶養者に該当する人】
1 退職本人に扶養されている直系尊属、配偶者、3親等以内の親族又は配偶者の父母と子
2 国保に加入していて65歳未満の人
3 年間収入が130万円未満(60歳以上の人、身体障害者の方は180万円未満)且つ、退職本人の収入未満で退職本人が生計の中心であること。

 また、退職者医療制度で医療を受ける場合の一部負担については、一般の国保と同じです。国保税の計算方法にも、違いはありません。
 届け出に必要なものは、保険証、年金証書、個人番号カード又は通知カード、および世帯主の印かんです。



●問い合わせ先 (本 庁)
(総合支所)
市民課 国保係
西土佐住民分室
Tel (34)1114
Tel (52)1111

国民健康保険
戻る