国民健康保険 高額療養費の払い戻し」についてご案内します  
国民健康保険

 1ヶ月の医療費の自己負担には下表のとおり限度額があり、自己負担額が高額になったときは、限度額を超えた分が、あとから払い戻されます。
 払い戻しには申請手続きが必要ですが、初回のみの申請で、口座が変更にならなければ、2回目以降の申請手続きは必要ありません。
 該当する方には、高知県後期高齢者医療広域連合より文書でお知らせしますので、(本庁)市民課国保係または(総合支所)西土佐住民分室へ申請してください。 (マイナンバーの記載が必要です。)


所得区分 外来
(個人単位)
外来+入院
(世帯単位)
現役並み所得者 57,600円 80,100円 + (総医療費 − 267,000円) × 1%
(4回目以降 44,400円)
一般 14,000円
(年上限144,000円)
57,600円
(4回目以降 44,400円)
低所得U 8,000円 24,600円
低所得T 15,000円


( )内の金額は、過去12カ月に4回以上高額療養費の支給を受ける場合の、4回目以降の限度額です。
現役並み所得者とは
同一世帯の後期高齢者医療の被保険者の中に、住民税課税所得が145万円以上の方がいる場合。ただし、被保険者の方の合計収入が、次の表の条件を満たす場合は、申請によって「一般」になります。

被保険者などの人数 合計収入
被保険者が1人 383万円未満
被保険者が2人以上 520万円未満
被保険者及び同一世帯で70歳以上75歳未満の方
(被保険者が1人の場合に限る)
520万円未満
一般とは
医療機関での窓口負担が1割で、住民税課税世帯の方
低所得Uとは
世帯全員が住民税非課税で低所得T以外の方
低所得Tとは
世帯全員が住民税非課税で、かつ各所得が必要経費(年金の所得は控除額を80万円として計算)を差し引いたときに0円となる世帯の方
あらかじめ「後期高齢者医療限度額適用・標準負担額減額認定証」の交付を受けている方は、その証を医療機関に提示することにより、お支払いいただく金額が1か月あたりの自己負担限度額までとなります。



●問い合わせ先 (本 庁)
(総合支所)
市民課 国保係
西土佐住民分室
Tel (34)1114
Tel (52)1111

国民健康保険
戻る