ごみと環境 「四万十川の清流保全」についてご案内します 拡大文字スタイル標準文字スタイル
ごみと環境

 四万十川は、私たち四万十市民のかけがえのない宝です。
 この四万十川の水の汚れが、私たちの日常の暮らしと大きく関わっていることをご存知でしょうか。市内から流される汚れの約6割は、一般家庭の排水に含まれているのです。四万十川の水をきれいに保つためには、各家庭で排水の浄化をしていくことが必要です。
 各家庭で取り組める簡単な対策として次のようなものがあります。

・台所では目の細かい三角ストレーナーを使いましょう。水切袋を使うと一層効果的です。
・食用廃油は、たれ流しにせず、紙などに吸わせゴミとして出しましょう。
・洗濯には粉せっけんなどのせっけん類を使いましょう。
・浄化槽を設置している家庭は、保守点検をきちんと行いましょう。
・家を新築するときは、全ての生活排水を処理する合併処理浄化槽の設置を考えてはいかがでしょう。又、粉砕型のディスポーザーは水質を悪くしますので使わないようにしましょう。
・川遊びなどに行ったときは、ごみを必ず持ち帰るよう心がけてください。投げ捨ては絶対にいけません。

その他、みなさんも様々な工夫をして清流保全運動に参加してみませんか。 


ごみと環境
戻る