■ 「四万十市役所地球温暖化防止実行計画」(第2次)について 



 四万十市では、市の事業活動から発生する温室効果ガス(二酸化炭素)の排出の削減などを行うことで地球温暖化対策の推進を図ることを目的として、平成21年度から「四万十市役所地球温暖化防止実行計画」を策定して取り組みを行っています。
 平成24年度で第1次計画が終了し、平成25年度からは、平成23年の東日本大震災による福島第一原子力発電所の事故以降、省エネ・節電等の取り組みがますます重要となってきている状況等を踏まえたうえで、下記のとおり第2次計画に基づいて引き続き地球温暖化防止に取り組んでいます。

 ※平成21年度〜平成24年度の第1次計画の取組結果については、こちらをご覧ください。


 基準年

 平成23年度(CO2排出量 7,305t)


 計画期間

 平成25年度から平成29年度までの5年間


 目標
 平成29年度末までに、CO2排出量を平成23年度比6%以上削減する。

 <排出源ごとの目標>
  ・電気、ガソリン、軽油、A重油、灯油、LPGの使用に伴うCO2排出量の削減
   ※平成23年度を基準年度として平成29年度末までにそれぞれ6%削減
  ・庁内ごみの減量、リサイクルの徹底
  ・マイバッグの推進、レジ袋の削減

 取り組み例

 ・クールビズ、ウォームビズの徹底
 ・業務に支障のない範囲での部分消灯
 ・電力監視(デマンド監視)装置の設置
 ・エコドライブの実施
 ・環境に配慮した自動車の導入
 ・両面コピー、ペーパーレス化などによる用紙削減
 ・グリーン購入
 ・新エネルギー設備、省エネルギー設備の導入


 計画書

 ・四万十市役所地球温暖化防止実行計画(第2次)





■ 平成28年度の取組み結果 



≪CO2排出量の削減≫

 各エネルギーの使用に伴うCO2排出量

 
項 目

平成23年度
排出量
(基準年度)

平成27年度
排出量
平成28年度
排出量 比較
基準年度比 前年度比
ガソリン 229t-CO2 212t-CO2 213t-CO2 △6.8% 0.7%
電 気 4,882t-CO2 9,726t-CO2 9,688t-CO2 98.5% △0.4%
LPG 485t-CO2 430t-CO2 430t-CO2 △11.4% △0.1%
灯 油 201t-CO2 161t-CO2 165t-CO2 △17.6% 2.7%
A重油 1,293t-CO2 1,273t-CO2 1,257t-CO2 △2.8% △1.3%
軽 油 215t-CO2 144t-CO2 150t-CO2 △30.4% 3.8%
合 計 7,305t-CO2 11,946t-CO2 11,903t-CO2 63.0% △0.4%


【電気使用に伴うCO2排出量の算定について】
 電気使用に伴うCO2排出量は、電気使用量にCO2排出係数を乗じて算定します。

電気使用に伴うCO2排出量=電気使用量×CO2排出係数

 このCO2排出係数とは、電気事業者ごとの電気の供給1kWhあたりのCO2排出量を示すもので、発電方法等によって年度ごとに示されています。
 年度ごとの排出係数で算定する場合、四万十市役所のCO2排出量は、右表の四国電力(株)のCO2排出係数を用いて計算します。平成24年度以降の係数が大幅に増加した理由は、東日本大震災以降、伊方原子力発電所が停止されたことにより火力発電の割合が高くなり、発電に伴うCO2排出量が多くなったためと考えられます。



 集計の結果、平成28年度のCO2総排出量は基準年度比で63%増加となっています。これは電気のCO2排出量の算出に用いた係数が平成23年度は0.000326t-CO2/kWhであったものが、火力発電等の増加により、平成28年度には0.000651t-CO2/kWhとなったことが大きな要因となっています。
 電気のCO2排出量を基準年度の平成23年度の係数に統一して算出した場合、平成28年度の総排出量は、基準年度比3.3%減となります。
 電気の排出係数は各年度で異なり、CO2排出量の算出は排出係数に左右されるため、各項目のエネルギー使用量そのものの比較で目標達成するように取り組んでいます。(全体のCO2排出量は平成23年度の排出係数で統一して比較)



年度ごとのCO2排出係数で算出した場合
年度ごとのCO2排出係数で算出した場合



各年度全て基準年度(H23年度)のCO2排出係数で算出した場合
各年度全て基準年度(H23年度)のCO2排出係数で算出した場合


エネルギー別使用量

エネルギー別使用量

  エネルギー別使用量
     
エネルギー別使用量   エネルギー別使用量
     
エネルギー別使用量   エネルギー別使用量


≪庁内ごみの減量、リサイクルの徹底≫

 庁内ごみの減量、リサイクルの徹底
        平成28年度はリサイクル率87%

※ 平成20年度、22年度は本庁舎引っ越しに伴いごみ量が多くなっている。
(本庁舎引っ越しごみ:平成20年度 1.5t、平成22年度 66.7t)



≪ グリーン購入 ≫

 グリーン購入とは、物品を購入する時に、まず必要かどうかを考え、必要な時には環境のことを考慮し、製品の原材料から生産、消費、廃棄に至るまで環境への負荷ができるだけ小さいものを選ぶことです。
 四万十市では、平成22年12月から四万十市グリーン購入基本方針及び本方針に基づいたグリーン購入実施計画を定め、9種類46品目の重点調達品目について調達率100%を目標に、市役所、学校、保育園等においてグリーン購入に取り組んでいます。


 <平成27年度分野別調達結果>

 <調達率推移>
調達率推移



≪ エコ通勤・公務出張時の公共交通利用 ≫

この二つの取組みは、地球温暖化対策及び公共交通の利用促進を目的として、平成24年12月より開始されました。

【エコ通勤】
 ノー残業デイに合わせて毎月第2第4金曜日を「エコ通勤デイ」とし、自転車、徒歩、公共交通、乗り合わせによる通勤を推進しています。
 集計の対象としているのは、マイカーまたはバイクで通勤している本庁勤務の職員144人で、のべ466人がエコ通勤を実施した結果、CO2削減量は、マイカーまたはバイクで通勤した場合に比べ、1314.2s-CO2が削減されました。

 
<平成28年度エコ通勤実績>
平成27年度エコ通勤実績
 エコ通勤をした人数(のべ)
 

【公務出張時の公共交通利用】

 公務出張時の移動手段は公共交通の利用を基本とし、公用車から鉄道等への転換を図るものです。四国外への出張については、通常、公共交通を利用しているため、集計の対象外としています。
 集計の結果、公共交通利用はのべ214回となり、公用車使用の場合に比べ、10757.8kg-CO2が削減されました。

<平成27年度公務出張時の公共交通利用実績>
平成27年度公務出張時の公共交通利用実績













■ 「四万十市役所地球温暖化防止実行計画(第1次計画)」の取組結果について 



 第1次計画の概要及び取組結果については下記のとおりです。



 基準年

 平成18年度(CO2排出量 8,158t)


 計画期間

 平成21年度から平成24年度までの4年間


 目標
 平成24年度末までに、CO2排出量を平成18年度比6%以上削減する。

 <排出源ごとの目標>
  ・電気、ガソリン、軽油、A重油、灯油、LPGの使用に伴うCO2排出量の削減
   ※平成18年度を基準年度として平成24年度末までにそれぞれ6%削減する。
  ・庁内ごみの減量、リサイクルの徹底
  ・マイバッグの推進、レジ袋の削減

 取り組み例

 ・クールビズ、ウォームビズの徹底
 ・業務に支障のない範囲内での部分消灯
 ・待機電力の削減
 ・エコドライブの実施
 ・両面コピー、ペーパーレスなどによる用紙削減
 ・グリーン購入


 計画書

 ・四万十市役所地球温暖化防止実行計画


 取組結果

 ■ 目標に対する達成結果


≪CO2排出量の削減≫

項 目

平成18年度
排出量
(基準年度)

平成21年度
排出量

平成22年度
排出量

平成23年度
排出量
平成24年度
排出量 比較
基準年度 前年度比
電 気 5,603t-CO2

5,667t-CO2

5,614t-CO2 5,511t-CO2 5,295t-CO2 △5.5% △3.9%
ガソリン 187t-CO2

214t-CO2

220t-CO2 229t-CO2 215t-CO2 14.7% △6.1%
軽 油 288t-CO2

234t-CO2

249t-CO2 215t-CO2 223t-CO2 △22.7% 3.5%
A重油 1,396t-CO2 1,265t-CO2
1,203t-CO2 1,293t-CO2 1,278t-CO2 △8.5% △1.2%
灯 油 196t-CO2

179t-CO2

194t-CO2 201t-CO2 185t-CO2 △5.5% △7.8%
LPG 486t-CO2 464t-CO2 489t-CO2 485t-CO2 424t-CO2 △12.8% △12.5%
合 計 8,158t-CO2 8,023t-CO2 7,970t-CO2 7,934t-CO2 7,620t-CO2 △6.6% △4.0%

各年度の排出量は、CO2排出係数を基準年度(H18)と同値として算出。(後記参照)




 第1次計画の最終年度である平成24年度のCO2総排出量は、前年度から4.0%減少して基準年度比6.6%減少しました。
 ただし、これはエネルギー使用量の増減がそのまま反映されるように、使用量をCO2排出量に換算する際に必要な係数(CO2排出係数)を各年度全て基準年度(H18)の値で統一して算定した結果です。

 実際には、電気のCO2排出係数は、発電方法等をもとに年度ごとに算定されており(後記[電気使用に伴うCO2排出量の算定について]参照)、年度ごとの係数でCO2排出量を算定した場合、平成24年度に排出係数が大幅に増加した影響を受け、平成24年度は基準年度比25.9%増加したことになります。(右グラフのとおり)
 以上のことから、エネルギー使用量で判断すると、6%減の目標を達成し、市役所内で一定の成果があったと言えますが、一方で現実としてCO2排出量は増えたという結果となり、地球温暖化防止のために更なる省エネが必要ということが言えます。



【電気使用に伴うCO2排出量の算定について】

 電気使用に伴うCO2排出量は、電気使用量にCO2排出係数を乗じて算定します。

電気使用に伴うCO2排出量=電気使用量×CO2排出係数

 このCO2排出係数とは、電気事業者ごとの電気の供給1kWhあたりのCO2排出量を示すもので、発電方法等によって年度ごとに示されています。
 年度ごとの排出係数で算定する場合、四万十市役所のCO2排出量は、四国電力株式会社の右表のCO2排出係数を用いて計算されますが、東日本大震災以降、伊方原子力発電所が停止されたことにより火力による発電割合が高くなり、発電に伴うCO2排出量が多くなったことから、平成24年度の係数が大幅に増加したと考えられます。

CO2排出量の算定に使用する係数

年度

CO2排出係数
H18 0.000368t-CO2/kWh
H21 0.000378t-CO2/kWh
H22 0.000407t-CO2/kWh
H23 0.000326t-CO2/kWh
H24 0.000552t-CO2/kWh
※平成21年度以降に使用するCO2排出係数は、前年度実績の発電等に基づいた係数を使用しています。  


エネルギー別使用量の推移は下図のとおりです。





≪庁内ごみの減量、リサイクルの徹底≫


 庁内ごみの減量、リサイクルの徹底

※平成20年度・22年度は、本庁舎引っ越しに伴いごみ量が多くなっています。
(本庁舎引っ越しごみ:平成20年度 1.5t、平成22年度 66.7t)



≪レジ袋の削減≫

 イベント等において賞品の配布等の際にレジ袋の使用を中止した部署はありますが、まだまだ取り組みが徹底されていません。



■ グリーン購入の取組結果

 グリーン購入とは、物品を購入する時に、まず必要かどうかを考え、必要な時には環境のことを考慮し、製品の原材料から生産、消費、廃棄に至るまで環境への負荷ができるだけ小さいものを選ぶことです。
 四万十市では、平成22年12月から四万十市グリーン購入基本方針及び本方針に基づいたグリーン購入実施計画を定め、7種類46品目の重点調達品目について調達率100%を目標に、市役所、学校、保育園等においてグリーン購入に取り組んでいます。


 <取り組み結果>
  グリーン購入調達率

平成22年度

55%

平成23年度 70%
平成24年度 81%

 <分野別の調達結果の概要>
分  野 グリーン購入調達率
平成22年度 平成23年度 平成24年度

 1 紙類

74%

89%

87%
 2 文具類 86%

86%

90%
 3 事務用備品 60% 76% 52%
 4 OA機器 調達実績なし 52% 94%
 5 エアコンディショナー等 40%

100%

89%
 6 自動車等 58% 57% 65%
 7 役務 13% 33% 92%
 平成24年度の全体の調達率は81%で、前年度より11%向上しました。
 なお、グリーン購入が出来なかった理由としては、仕様を満たす品物が見つからなかった、従前のものと合わす必要があった、環境配慮型製品の方が割高だった等でした。


[ 参考サイト ]

 グリーン購入法.net【環境省】

http://www.env.go.jp/policy/hozen/green/g-law/index.html
 グリーン購入ネットワーク http://www.gpn.jp/
 エコマーク http://www.ecomark.jp/


「四万十市地球温暖化防止実行計画」について
戻る