浄化槽の設置と補助制度についてご案内します 浄化槽の設置と補助制度についてご案内します 
浄化槽の設置と補助制度についてご案内します

 市では、生活環境の改善を図るため、合併処理浄化槽の設置に対し、30万円を上限として補助を行います。

 受付開始日:平成29年5月15日(月) 午前8時30分から
 書類提出先:四万十市役所 上下水道課または西土佐総合支所 地域企画課
 (月〜金曜日の8:30〜17:15(祝日を除く))

 申請に必要な書類等をご提出いただき、不備等がないことを確認した後、先着順による受付となります。
(開始日の案内については、市役所、西土佐総合支所の掲示板にも掲載しております)

≪浄化槽の設置≫
 浄化槽(合併処理浄化槽)は、トイレからの汚水や台所、風呂場等からの排水を併せて処理し、きれいな水にして放流する浄化施設です。
 浄化槽を設置するには県知事への届出が必要です。設置する地区の用途区分により建築基準法による届出、あるいは浄化槽法による届出が必要となりますので、建築設計士や浄化槽設備業者等にお問い合わせください。

≪浄化槽の設置に係る補助金事業について≫
 四万十市では、国及び県と連携して生活排水による四万十川等の水質汚濁の防止と快適な生活環境の創造を目的とした合併処理浄化槽の設置に対する補助制度を設けています。
 補助対象者は、居住のために所有する住宅等に合併処理浄化槽を設置する者で、販売や賃貸等を目的とした住宅は補助の対象になりません。また、補助対象区域は、公共下水道事業認可区域及び農業集落排水事業処理区域を除く市内全域です。

 「循環型社会形成推進交付金」は、市町村が廃棄物の3R(リデュース・リユース・リサイクル)を総合的に推進するため、広域的かつ総合的に廃棄物処理施設等の整備を計画するよう平成17年度より創設された国の交付金制度であり、上記の補助事業実施の際に、循環型社会形成推進地域計画を策定し、計画期間終了後に事後評価を行い、達成状況等の確認をすることとなっています。
 この事業を実施するにあたり、平成22年度から平成27年度までの6ヶ年計画として、循環型社会形成推進地域計画を策定し、合併処理浄化槽の普及促進に取り組んできました。

 そしてこの度、上記の地域計画が平成28年3月末をもって終了しましたので、その内容を公表します。

  循環型社会形成推進地域計画(H22〜H27)
  循環型社会形成推進地域計画 対象地域図

 なお、上記補助事業については、引き続き実施中です。補助事業を利用される方は、浄化槽の工事着手前に所定の手続きを行ってください。
 また、補助申請書等の様式と、補助金交付要綱を掲載しますので、併せて参考にしてください。

  循環型社会形成推進地域計画目標達成状況報告書

  四万十市浄化槽設置整備事業 交付申請書等様式
   @補助金交付申請書
   A誓約書
   B暴排誓約書

  四万十市浄化槽設置整備事業費補助金交付要綱






浄化槽の設置と補助制度についてご案内します
戻る