「住宅改造支援事業」についてご案内します  
住宅改造支援事業

 四万十市では、介護保険の要支援から要介護の判定を受けた方が居住する住宅を身体の状況等に応じて安全かつ利便性に優れたものに改造することに対し、補助金を交付しています。補助対象世帯は、世帯の主たる生計中心者の前年の所得税額が30万円未満の世帯です。
 なお、事業の実施にあたっては、事前申請が必要となります。

《補助対象及び基準額》
補助基準額 補助対象経費
1,000千円 以下に掲げる箇所の改修・改築に要する費用のうち、市長が必要と認めた経費

  浴室、玄関、台所、便所、廊下、階段、居室等

 《補助率》
対象世帯の階層区分 補助率
主たる世帯の生計中心者の前年の所得税額が30万円未満の世帯 2/3以内
生活保護法による被保護世帯 3/3以内

<<補助額の算定方法>>
(1) 補助基準額と総事業費から寄付金その他の収入額及び補助対象外経費(事業目的に合致しない支出)を控除した額とを比較して少ない方の額を選定します。
(2) (1)により選定された額に補助率を乗じて得た額(1,000円未満の端数を切り捨てる。)が補助額となります。

●問い合わせ先  

(本庁)保健介護課 介護保険係
(西土佐総合支所)保健課 保健係
電話34―1165
電話52−1132

住宅改造支援事業
戻る