未熟児養育医療 「未熟児養育医療」についてご案内します 
未熟児養育医療

 未熟児養育医療とは、医師により入院養育が必要であると認められた、出生時体重が2,000g以下もしくは特に生活力が弱いお子さん(未熟児)に対して、必要な医療を給付する制度です。
 四万十市に住民票があり、未熟児養育医療としての療養が必要となったお子さんの保護者の方は、福祉事務所へ申請してください。


● 申請に必要な書類
1. 養育医療給付申請書 ( WordPDF
2. 養育医療意見書 ( WordPDF
3. 世帯調書 ( WordPDF
4.

所得税額等を証明する書類(源泉徴収票、確定申告書の控え、市町村民税の課税証明書など)
※ 四万十市で課税情報が確認できる場合は、提出を省略することができます。
※ 扶養義務者となる方全員の所得税関係・市町村民税関係の証明書が必要となります。

5.

健康保険証
※お子さんの保険証がまだ交付されていない場合は、加入する予定の保険証をお持ちください。

6. 個人番号(マイナンバー)カード
※個人番号カードをお持ちでない場合は、顔写真付きの身分証明書(免許証、パスポートなど)と、個人番号通知カードをお持ちください。


【 問い合わせ先 】
(本庁)福祉事務所 家庭福祉係 電話(34−1801)
(総合支所)福祉事務所 西土佐分室(保健課内) 電話(52−1132)


未熟児養育医療
戻る