ひとり親家庭の医療費助成 「ひとり親家庭の医療費助成」についてご案内します  
ひとり親家庭の医療費助成

 この事業は、ひとり親家庭に対して、保険医療による医療費の自己負担分を助成することにより、ひとり親家庭の母又は父等と児童の健康保持と生活の安定を図ることを目的として実施しています。

 対象者は、所得税非課税世帯の、ひとり親家庭の母親又は父親等と児童(18歳に達する日以後の最初の年度末まで)、また父母のいない児童などです。

 助成を希望される方は、あらかじめ受給資格についての認定を受けていただく必要がありますので、健康保険証と印鑑、個人番号(マイナンバー)カードをご持参のうえ市福祉事務所で申請をしてください。 個人番号カードをお持ちでない場合は、顔写真入りの身分証明書(運転免許証、パスポートなど)と、個人番号通知カードをお持ちください。申請等の内容によっては他にも書類が必要な場合があります。
 
 ● 詳しくは、
   福祉事務所家庭福祉係(電話34−1801) 又は、
   西土佐分室(総合支所保健課内52−1132)までお問い合わせください。

ひとり親家庭の医療費助成
戻る