「保育所等の入所手続き」

    1 保育施設について
  保育施設とは
 保育施設は、保護者の就労等により、ご家庭での保育が十分できない(保育の必要性が認められる)場合に、保護者に代わってお子さんを保育することを目的とする児童福祉施設です。
 四万十市に住民登録(予定を含む)をし、実際に生活をしている世帯を対象とします。
 利用にあたっては、子ども・子育て支援新制度における支給認定を受ける必要があります。

    2 支給認定とは
 子ども・子育て支援新制度施行に伴い、保育施設等を利用する場合には、支給認定の申請が必要となっています。支給認定とは、保育の必要性を確認するために行う手続きです。認定申請は、保育施設等の入所申込みと同時に行っていただくこととなります。認定の区分については、年齢や希望施設によって次のとおりとなります。

【認定区分】

認定区分

対象

利用できる施設・事業

1号認定

保育を必要としない(教育を希望する)満3歳以上の児童

幼稚園
認定こども園(教育部分)

2号認定

保育を必要とする満3歳以上の児童

保育所
認定こども園(保育部分)

3号認定

保育を必要とする満3歳未満の児童

保育所
認定こども園(保育部分)
地域型保育事業(※)

※地域型保育事業とは、満3歳未満の児童を保育する施設で、市の基準を満たし認可する施設です。
上記の2号又は3号に認定され、保育の必要性が認められる世帯が保育施設を利用する対象となります。
保育の必要性が認められる事由は次のとおりです。


@

就労(パートタイム、自営業、居宅内労働含む。)※1ヶ月あたり48時間以上
A 妊娠、出産(産前2ヶ月・産後3ヶ月)
B 保護者の疾病、障害
C 親族の介護・看護
D

災害復旧

E 求職活動(起業準備を含む)
F 就学(職業訓練校等における職業訓練を含む。)
G 虐待やDVのおそれがあること
H 育児休業(当該児童を除く)
I 前各号に類する事由で市長が認める場合
幼児教育を目的とすることや、集団生活に慣れさせるため、家事、育児の軽減目的は理由にはなりません。

    3 保育必要量の認定について
  【保育の必要量に応じた区分】
  2号または3号認定を受ける児童は、保育が必要な時間によって保育時間が異なります。
 

区分

利用できる時間

 保育標準時間

 1日最長11時間のうち原則として必要と認められる時間

 保育短時間

 1日最長 8 時間まで

   
  【保育短時間】
 8:00〜16:00の最長8時間の利用となります。保育事由が求職活動中や育児休業期間中は原則として保育短時間認定となります。
  【保育標準時間】
 保育短時間(8:00〜16:00)を超えて最長11時間の利用となります。時間帯は施設によって異なります。保育事由が就労(通勤時間等を考慮し、保育短時間利用の時間帯を超えた勤務)、妊娠・出産の方が保育標準時間認定となります。
   
 

 ○認定の例

 

就労等の状況

認定区分

 父親・・・就労(1日7.5時間以上かつ月16日以上勤務)
 母親・・・就労(1日7.5時間以上かつ月16日以上勤務)

 【認定区分】2号又は3号認定

 【保育時間】保育標準時間

 父親・・・就労(1日7.5時間以上かつ月16日以上勤務)
 母親・・・産前産後

 父親・・・就労 (1日7.5時間以上かつ月16日以上勤務)
 母親・・・パート(1日3時間以上かつ月16日以上勤務)
           (1ヶ月48時間以上120時間未満)

 【認定区分】2号又は3号認定

 【保育時間】保育短時間

 父親・・・就労(1日7.5時間以上かつ月16日以上勤務)
 母親・・・育児休業

 父親・・・就労(1日7.5時間以上かつ月16日以上勤務)
 母親・・・求職中

 産前産後、災害復旧、虐待やDVのおそれ

 【認定区分】2号又は3号認定
 【保育時間】保育標準時間

 

※保育時間(保育標準時間・保育短時間)の認定は、うえの例に関わらず、勤務の終了時刻などの実態に合わせて認定を行います

   
 

◇保育必要量の認定については、月の初日を基準として月単位での認定となります。
月の初日に求職活動中や育児休業中の方が、月途中での就労や職場復帰をされる場合、その月は保育短時間(延長保育)利用となります。翌月から、変更申請により保育標準時間認定となります。


    4 入所申込について
  原則として、四万十市に住民登録(予定を含む)をし、実際に生活をしている世帯を対象とします。
  (1)入所までの流れ(2号・3号認定)
 



  (2)1号認定の申込みについて
 

 1号認定については、直接、施設(認定こども園なかむら園・中村幼稚園)にお申し込みください。

※認定こども園なかむら園・中村幼稚園を希望する場合でも2号・3号認定については、市へのお申し込みとなります。
  1号認定の募集は12月1日(金)より受付を開始します。

  (3)申込方法
 

入所申込書(2枚)に必要事項を記入し、併せて必要な書類を添付のうえ、提出して下さい。



  (4)受付
  ● 平成30年4月入所
  平成30年1月9日(火)〜1月19日(金)(土日除く)
 ※ 上記受付期間後も平成30年3月23日(金)まで随時受付を行いますが、上記期間内の 申込みにより定員に達した
   施設等、空き状況によっては入所出来ない場合があります。

●平成30年5月以降年度途中入所
 入所希望月の前月15日を申込締切日として、随時受付します。
 ※15日が休日の場合はその前開庁日を締切とします。

◆受付場所

四万十市役所子育て支援課 保育所係

8時30分〜17時15分
(土日は休み)

西土佐総合支所西土佐福祉こども分室(保健課内)

各保育所

開所時間内


※提出書類の確認のため、なるべく市役所で受付を行ってください。
 

◇ 保護者の育児休業明けで入所を希望される場合、入所できるのは原則育児休業明けの月の1ヶ月前からとなります。
◇ 入所希望理由が妊娠・出産、求職中等の場合は保育の必要性が認められる期間が限定されますので、保育の実施期間について希望に添えないことがあります。( 出産の場合は、出産予定日の8週前の日が属する月の初日から、出産後12週が経過する日が属する月の末日までとなります。)
◇ 求職中の方は就労等が決まり次第、就労証明書を提出してください。
待機児童が増加していますので、入所後一定期間(おおむね3ヶ月)を過ぎても就業等とならない場合は、保育施設の空き状況によっては退所となる場合があります。

  (5)入所選考について
 

入所選考については、保護者の就労状況や家庭状況等、対象児童の保育の必要性を総合的に
判断し決定します。申込の先着順ではありません
申込状況によっては、希望保育施設に入所できない場合もありますので、あらかじめご了承ください。



<求職中の方へ>
・求職中の方は就労が決まり次第、就労証明書をご提出下さい。
・待機児童が増加しています。入所後一定期間(おおむね3ヶ月)を過ぎても就職されない場合は、保育所の空き状況によっては退所となる場合があります。

  (6)マイナンバー制度について
 

 平成28年1月から開始された社会保障・税番号制度(マイナンバー制度)により、保育施設の入所申込み時に個人番号の提示及び本人確認が必要となっています。

 
 
    5 申込みに必要な書類について

申込みに必要な書類は以下の種類です。

 
1.支給認定申請書 兼 入所申込書 (児童票含む)
  専用用紙 2枚(表面・裏面とも)
  児童1人につき1通ずつ必要

   入所選考の参考としますのでご家庭の状況を正しく且つ詳細に記入してください。
   申込内容に虚偽が判明した場合には入所を取り消す場合があります。
 
2.保育ができないことを証明する書類(両親とも)
 <必須> 父母それぞれについて@〜Hのいずれかが必要です。
  父母の状況 必 要 書 類
@ 働いている 就労証明書(雇用主に証明してもらう)
※平成27年度入所手続きから、保育時間(標準・短時間)を決定するため、就労(お勤め)されている方は、必ず就労証明書が必要となります。(源泉徴収票は不可)
※雇用主が親族の場合は、雇用主と民生委員の両方の証明をお願いします。ただし、法人の場合は、民生委員の証明は不要。
※自営業の方は、「確定申告書」など、事業を行っているという客観的に証明できる書類の提出をお願いします。
A 仕事先が内定している 就労証明書(雇用主に証明してもらう)
※雇用主が親族の場合は、雇用主と民生委員の両方の証明をお願いします。ただし、法人の場合は、民生委員の証明は不要。
B 仕事を探している 求職活動状況申立書
C 産前産後 母子健康手帳のコピー(表紙と出産予定日がわかるページ)
D 病気・けがのため 診断書
E 障害がある 障害者手帳等のコピー
F 親族等の介護のため 要介護者の診断書又は介護が必要だとわかる客観的な書類
G 学校に通っている 在学証明書
H その他の理由 事情の聞き取りを行い判断します。市役所にお問い合わせ下さい。
 
3.保育料を決めるための書類(両親とも)

平成29年1月1日
平成30年1月1日 時点
四万十市に「住民登録がある方」

提出不要
(市の保有する税務資料により保育料を決定します。)


平成29年1月1日時点
四万十市に「住民登録がない方」

平成29年1月1日時点の住所地で発行された
『平成29年度(平成28年分)住民税課税証明書』(父母とも)
※平成29年中に四万十市へ転入された方の場合、児童手当等の申請に上記の証明書を提出した場合は、提出不要です。その旨お伝えください。


平成30年1月1日時点
四万十市に「住民登録がない方」

平成30年1月1日時点の住所地で発行された
『平成30年度(平成29年分)住民税課税証明書』(父母とも)
※平成30年6月以降に提出をお願いします。 1月1日時点に住民登録のあった市区町村から取り寄せてください。

 

 ※ 必要に応じて提出書類の追加を求める場合がありますので、ご了承ください。
 ※ 兄弟で申し込みをする場合、添付書類は各1部で構いません。
 ※ 添付書類が受付期間内に間に合わない場合でも申込書は受付期間内に提出して下さい。
 ※ 未納の保育料がある方については、必ず支払いをしてから申込みをして下さい。

 
4.保育所等利用申込み確認書(同意書)

   専用用紙 1枚
   兄弟姉妹で申し込みをする場合は1部で構いません。

 
   内容をご確認いただき、確認欄にチェックして署名捺印の上、提出してください。
 
5.個人番号提供書類

   専用用紙 1枚
   兄弟姉妹で申し込みをする場合は1部で構いません。

 
   兄弟姉妹の申し込みですでに個人番号を提供している場合は不要です。
 
 
    6 入所について
  (1)選考結果の通知(支給認定も同時に行います。)

 

@入所決定者
入所が決定した方には、「保育所入所承諾書」により通知いたします。
(4月入所の場合:3月中旬、5月以降途中入所の場合:毎月20日前後)

A入所待機者
入所できない場合は、電話にて連絡いたします。
電話での連絡が取れない場合には、「保育所入所不承諾書」により通知いたします。
(「保育所入所不承諾書」が必要な方は、申込時または電話連絡時にお申し付けください。)
   (4月入所の場合:2月中旬〜3月上旬、5月以降途中入所の場合:毎月15日以降)

 引き続き入所を希望される場合は、待機児童として申込書は保管し、希望保育所に欠員等が出た場合にこちらから
ご連絡させていただきます。 なお、申込書の有効期限は平成31年3月までとします。

  (2)準備物の確認

 

 準備物は保育施設により異なる場合がありますので、直接保育施設に確認してください。

  (3)変更の届出

   申込後(入所後)に家族の状況、住所・連絡先、勤務先、希望保育施設・希望理由、税額等に変更のあった時はすみやかに届け出てください。
  (4)入所承諾期間

   入所承諾期間は年度末までとしますが、その後も保育の必要性を確認し、入所が妥当と認められる場合には、小学校就学までは、1年ごとに更新します。(同一保育施設に限る。)
 ただし、この場合も家庭の状況を確認するため、家庭状況調査票等を毎年提出していただき、入所審査をさせていただきます。(保育の必要性を確認する書類も提出していただきます。) 定員超過により、保育施設を変更していただく場合もありますのであらかじめご了承下さい。
  (5)保育時間等

 

@ 通常保育時間(集団で保育を行う時間)
 平 日 : 8:00〜16:00

 



重要
 

A 開所日・休所日
   開所日 : 月曜日〜土曜日
   休所日 : 日曜日、祝日、12月29日〜1月3日、その他必要と認めた日
    ※リトル・フレンドについては日曜日、祝日も開所(9:00〜18:00)しています。
B 入所日・退所日
   入所できる日 : 毎月1日
   退所できる日 : 毎月末日

  (6)給食

 

 保育施設の調理室で調理員が作る自園式給食です。  
 3歳未満児は、主食(ごはん)を含めた完全給食です。3歳以上児は、現在は副食のみですので主食(ごはん)を持参していただきますが、平成30年度中の完全給食実施に向けて、検討を行っているところです。
 食物アレルギーや疾病により、食事への配慮が必要であると医師から診断を受けている方は、事前にご相談ください。

  (7)おかまい保育

 

 4月1日から入所式の日までの期間は、各ご家庭での保育をお願いするおかまい保育としておりますのでよろしくお願いします。
 詳しくは入所決定後のお知らせをご確認ください。

  (8)ならし保育

 

 入所当初、多くの児童は環境の変化で不安定になります。問題なく保育施設での生活に慣れていただくため、入所後にならし保育を実施する場合がありますのでご協力をお願いします。
 詳しくは入所する保育施設にご確認ください。

  (9)災害共済給付制度

 

 保育中の児童のケガや病気などに際し、必要な医療費などの給付を行うため、入所児童全員に独立行政法人日本スポーツ振興センターの災害共済に加入していただき、保育所での安全の普及・充実を図ります。
(保険料を別途負担いただきます。220円程度/年間 )

  (10)健康管理

 

児童の健やかな発育を願い、次のことを実施しています。
     健康診断   年2回
     ぎょう虫検査 年1回
     尿検査    年1回
     歯科検診   年2回
     身体測定

 
    7 保育料について

 保育料は、家庭に与える影響を考慮し児童の年齢等に応じて定める額を保護者等扶養義務者に負担していただくもので、入所と同時に納付義務が生じます。保育料は世帯にかかる課税額によって決まりますので、一律ではありません。
※ 保育料以外に、保育所より保護者会費等実費を徴収することがあります。

 

平成30年度 保育料表


(1)保育料の決定方法

  @ 保育料は、世帯の市民税所得割額により決定します。
  A 基本的には両親の課税額を合算し保育料を決定しますが、場合によって両親以外の生計の中心者で決定します。
  B ひとり親世帯は祖父母と同居の場合でも適用となりますが、婚姻していなくても事実婚と認められる世帯は適用になりません。入所申込時に生活実態に応じた世帯状況をお申し出ください。入所後に事実婚等の実態が発覚した場合、遡り保育料を徴収することとなります
  C 住宅借入金等特別控除及び配当控除等の税額控除前の税額で算定します。
  D 市民税額は毎年6月に決定されるため、平成30年4月から8月までの保育料については「平成29年度市民税所得割額」、平成30年9月から平成31年3月までの保育料については「平成30年度市民税所得割額」を基に決定します。
 
平成29年度市民税額で決定 平成30年度市民税額で決定
4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 1月 2月 3月
 

E 年齢区分は入所年度当初の年齢となり、その年度中は誕生日がきても年齢区分は変わりません。

 

F 月の途中で入所・退所する場合も、月額保育料となります。(日割りはありません。)

 

(2)納付方法

  @ 保育料の納付は、「口座振替」または「納付書払い」のいずれかの方法でお願いします。
 

A 口座振替日は毎月月末です。(月末が休日の場合は翌営業日)ただし、12月については25日となります。

  B 口座振替は各月1回限りですので、振替できなかった方は納付書等により金融機関または市役所で直接納めていただきます。
  <取り扱い金融機関>
金融機関 口座振替 納付書払い

四国銀行・高知銀行・愛媛銀行・伊予銀行・高知信用金庫・幡多信用金庫・四国労働金庫・JA高知はた農業協同組合

ゆうちょ銀行
(納期限内に限る)
四万十市役所本庁及び西土佐総合支所 ×
※口座振替を希望される方は、預金口座振替依頼書(ゆうちょ銀行は自動振込利用申込書)を金融機関に別途提出する必要があります。依頼書は、入所確定時に送付します。
 
(3)延長保育料
   保育短時間の認定を受け、利用時間が16:00までの児童が保護者の勤務の都合等により16:00以降の延長保育を受ける場合には下表のとおり延長保育料を徴収します。

<延長保育料表>

区分 

延長保育料

 (月曜日から金曜日)
 午後4時00分から午後5時30分まで

日額 100円

 (月曜日から金曜日)
 午後5時30分から午後6時30分まで
 (午後6時までの開所の保育所の場合)

日額 100円
(日額 50円)

 (土曜日)
 午後4時00分から午後5時00分まで 
日額 100円
 (土曜日)
 午後5時00分から午後5時30分まで
日額 50円

※就労等により、翌月から標準時間に変更となる月のみ、児童1人につき月額1,000円が上限となります。
※上記は公立保育所の延長保育料額となります。民間施設の延長保育料については、直接施設にご確認ください。
 

(4)保育料の軽減

 

@ 兄弟姉妹同時入所による軽減
 兄弟姉妹が下記の施設に入所している場合、2人目は半額、3人目以降については無料となります。
 1号認定については、同一世帯において小学校3年生までの最年長の子どもから順に2人目は半額、3人目以降については無料となります。

<対象施設>

 

保育所、幼稚園、認定こども園、地域型保育事業(事業所内保育事業所など)、 特別支援学校幼稚部、知的障害児通園施設、難聴幼児通園施設、肢体不自由児施設通園部、 情緒障害児短期治療施設通所部

 

四万十市外の施設等は、市で入所状況を把握できない場合がありますので、該当者がいる場合は必ず申し出て下さい。

 

A 所得による軽減
 利用者の属する世帯の市区町村民税所得割額が一定額以下の場合は、保育料を算定する場合において、保護者と生計を同一とする子ども等の最年長の子どもから順に2人目は半額、3人目以降については無料となります。
 また、母子世帯等に該当する世帯で、世帯の市区町村民税所得割額が一定額以下の場合は、最年長の子どもは半額、2人目以降については無料となります。詳しくは当冊子内の「平成30年度保育料表」をご確認ください。
 また、市民税非課税世帯、もしくは母子世帯等に該当する世帯で、世帯の市区町村民税所得割額が一定額以下の場合は、最年長の子供から順に2人目以降については無料となります。詳しくは「平成30年度保育料表」をご確認ください。

B 第3子以降3歳児未満無料化制度による軽減
 18歳未満のお子さん3人以上を現に養育している世帯で、第3子以降3歳未満のお子さんが保育施設に入所される場合、申請により保育料が無料となります。
※ B 第3子以降3歳児未満無料化制度による軽減については、毎年の申請が必要となります。

 

(5)税額調査

   保育料の算定にあたっては、市が保有する公簿(税務資料)を基に決定します。4月から8月までの保育料については、7月頃に課税資料の調査を実施し保育料の見直しを行う場合があります。その場合4月に遡って保育料を変更し、生じた差額分については9月以降の保育料で調整を行う予定ですので、ご了承ください。年度途中の税額の変更や課税資料等の提出があった場合も同様です。9月から3月までについては、9月の決定後、随時調査を行い、保育料の変更を行います。
 

(6)滞納処分

   平成28年度より、市組織内に「収納対策課」を設置し、市税等の滞納処分を強化しています。
 保育料の納付がないときは、督促状や催告書の送付のほか財産の差押などの滞納処分を行います。 保育料は必ず納期限までにお支払い下さい。



認定こども園の利用について
認定こども園とは

 「認定こども園」は、小学校入学前のこどもを保護者が働いている、いないに関わらず受け入れて保育・教育を行うとともに、地域の子育て家庭を対象に子育て相談や親子の集いの場を提供する施設として、県が定めた認定基準を満たした施設として県知事から「認定こども園」の認定を受けた施設です。
※ただし、1・2歳児が利用する場合には、保育の必要性が認められないと利用することはできません。

 

 

四万十市の認定こども園

名称

設置者

所在地

類型

事業開始日

電話番号

認定こども園
なかむら園・中村幼稚園

学校法人
中村幼稚園

四万十市
不破2079番地

幼稚園型

H27.4.1

0880-34-7511

 

 

利用方法等

年齢

認定区分

申し込み先

入所選考

3歳以上
(満3歳児を含む)

1号認定(保育を必要としない)

直接施設へ申し込み

施設が行います。

2号認定(保育を必要とする)

市役所へ申し込み

市が行います。

1・2歳児

3号認定(保育を必要とする)

 

 

利用料金

・保育所の利用と同様に、市が市民税額を基に決定します。
・料金については、施設へ直接支払うことになります。

 

 

その他

施設利用に関する詳細については、直接施設へお問い合わせください。

 

<ホームページ>
http://www.nakamurayouchien.com/

 

お問い合わせ
 子育て支援課 保育係
  Tel:0880-34-1780 E-mail:hoiku@city.shimanto.lg.jp
 西土佐福祉こども分室(総合支所保健課内)
  Tel:0880-52-1132

戻る  
Copyright Shimanto-City Office all rights reserved