日常生活用具の給付 「日常生活用具の給付」についてご案内します 拡大文字スタイル標準文字スタイル
日常生活用具の給付

 この事業は、主に在宅で生活されている障害のある方に対し、日常生活を容易にするために使用する用具を給付し、日常生活の改善を図るものです。

 給付できる用具は、次のようなものがあります。

1. 介護・訓練支援用
   特殊寝台や特殊マットなどの、障害者(児)の身体介護を支援する用具や、障害児が訓練に用いる椅子などであって利用者及び介護者が容易に使用でき、実用性のあるもの。
2. 自立生活支援用具
   入浴補助用具や聴覚障害者用屋内信号装置などの、障害者(児)の入浴、食事、移動などの自立生活を支援する用具であって、利用者が容易に使用でき、実用性のあるもの。
3. 在宅療養等支援用具
   電気式たん吸引器や盲人体温計などの、障害者(児)の在宅療養等を支援する用具であって、利用者が容易に使用でき、実用性のあるもの。
4. 情報・意思疎通支援用具
   点字器や人工喉頭などの、障害者(児)の情報収集、情報伝達や意思疎通等を支援する用具であって、利用者が容易に使用でき、実用性のあるもの。
5. 排泄管理支援用具
   ストマ用装具などの障害者(児)の排泄管理を支援する衛生用品であって、利用者が容易に使用でき、実用性のあるもの。
6. 居宅生活動作補助用具(住宅改修費)
   障害者(児)の居宅生活動作等を円滑にする用具で、設置に小規模な住宅改修を伴うもの。


ただし、障害の種別(視覚・聴覚・肢体不自由等)や等級(1〜6級)、年齢によって給付できる用具が違ってきます。 

 なお、この日常生活用具の給付につきましては、介護保険制度での給付・貸与が優先するとともに、所得に応じて負担上限額が設定されていますが、定率一割負担となっています。また、用具の修理については、給付対象となっていません。
 
 ● 詳しくは、
  福祉事務所社会福祉係(電話34―1120) 又は、
  西土佐分室(総合支所保健課内52−1132)までお問い合わせください。

日常生活用具の給付
戻る