自立支援医療(精神通院医療) 「自立支援医療(精神通院医療)」についてご案内します 拡大文字スタイル標準文字スタイル
自立支援医療(精神通院医療)

 精神疾患のある方が医療機関に通院して治療を受けるとき、その医療費の一部を公費で負担する制度です。

 ● 対象者
   統合失調症、精神作用物質による急性中毒又はその依存症、精神病質その他の精神疾患を有する人で、通院による精神治療を継続的に要する程度の病状にある人。
  ※ただし、所得の高い一部の人は対象外となります。
 
 ● 利用者負担
   自己負担額は、原則医療費の1割となりますが、世帯の所得水準等に応じて一ヶ月あたりの負担上限額が設けられています。
 
 ● 申請手続き等
  申請書(所定の様式)、同意書(社会保険事務所等に照会するため)のほかに、以下の書類を添えて申請してください。
  【添付書類】
 診断書、医師の意見書、「世帯」の医療保険証の写し、所得や収入の分かる書類等
 
 ● 有効期間
   受給者証の有効期間は1年間です。
  ※制度を利用するには、通院する医療機関や薬局等が、県の指定した指定自立支援医療機関となっている必要があります。
 
 ● 自立支援医療(精神通院医療)の支給を受けようと思われる方、詳しい内容を聞きたい方は、
  福祉事務所社会福祉係(電話34―1120) 又は、
  西土佐分室(総合支所保健課内52−1132)までお問い合わせください。

自立支援医療(精神通院医療)
戻る