心身障害者扶養共済制度 「心身障害者扶養共済制度」についてご案内します 拡大文字スタイル標準文字スタイル
心身障害者扶養共済制度

 心身障害者扶養共済制度は、障害児・者の保護者の方が毎月一定の掛け金を払い込むことによって、保護者の方が万一死亡、または身体および精神の機能を著しく喪失した状態になったとき、残された障害児・者の方に、毎月年金を支給するものです。

 加入できるのは、障害児・者が身体障害者手帳1級から3級をお持ちの場合、知的障害のある方あるいは進行性筋萎縮症、脳性マヒ、自閉症、血友病、または一定以上の症状を有する精神病の方の保護者で、65歳未満の方です。ただし、特別の疾病又は障害がなく、生命保険に加入できる健康状態であることが条件となります。掛け金は加入時の保護者の方の年齢によって異なりますが、保護者の所得により、減免となる制度があります。また年金額は1口20,000円(月額)で、1人2口まで加入できます。
 
 ● 詳しいことにつきましては、
  福祉事務所社会福祉係(電話34―1120) 又は、
  西土佐分室(総合支所保健課内52−1132)までお問い合わせください。

心身障害者扶養共済制度
戻る