保育所の給食


保育所でも食育
  <食生活のトレーニング> <フードチョイス> <豊かな心を育む>
 これを3つの柱とし、それぞれの保育所で展開中です。
    →食育カリキュラムの内容

献立
  福祉事務所で管理栄養士が作成する統一献立が基本。
行事や保育内容に合わせた食事も取り入れ、おいしく楽しい給食作りを心がけています。
    →年齢による栄養給与目標量

調理
  すべて保育所の調理室で調理員が作る自園式です。
手作りおやつを多く取り入れ、菜園で子どもたちが作った野菜をすぐに調理するなど、子どもとの関わりを大切にした給食を心がけています。

食材
  加工食品や半調理食品は使用せず、なるべく地元産又は国内産のものを出回り時期に使用したいと考えています。色々な食材との出会いを経験して欲しいですね。

食器
  環境ホルモンの心配のいらない強化磁器のお皿を使用しています。
うっかり割ってしまっても破片が飛び散らないので安全。

食器
  事前に保護者と個別にご相談させてもらったうえで除去しています。
完全なコピー食は作れませんが、代わりの食材を用いて調理しています。

場合により、ご家庭より代替食をご持参いただく可能性もあります。
対応にあたっては、食物アレルギーであると医師に診断を受け、ご家庭でも除去していることが条件となります。半年以内の検査結果の写し又は診断書の写しをいただくことになりますのでご理解ください。