■ ごみ対策の現状
ごみを処分するためにかかる費用について


 四万十市の年間予算額217億円(平成26年度)のうち、9億2千万円がごみ関係予算です。最も高い比率を示すのが、幡多広域市町村圏事務組合(幡多クリーンセンター)の運営に関する経費です。
 この中には、ごみを処理するために必要な運営費や施設の維持費などが含まれています。

ごみを処分するためにかかる費用について


ごみを処理するときは

戻る