ごみを処理するときは。
■ 事業所ごみの処分について
事業所ごみの処分についてご案内します。

 事業活動に伴って、事務所や店舗などから排出される廃棄物(事業所ごみ)は「廃棄物の処理及び清掃に関する法律」及び「四万十市廃棄物の減量及び適正処理等に関する条例」の規定により、事業者自らの責任において適正に処理しなければなりません。
「紙」や「生ごみ」であったとしても、家庭用ごみ袋で出すことはできません。

○ 事業系一般廃棄物の処理方法は、収集運搬業者に委託する方法あるいは自分で幡多クリーンセンターへ搬入する方法があります。
事業所ごみの処分についてご案内します。
 
1.収集運搬業者への委託
 委託費用等については直接収集運搬許可業者にご相談ください。
  市内の収集運搬許可業者(PDFファイル)

2.自分で持ち込む場合
幡多クリーンセンターでは、土日・祝祭日を除くAM9:00〜PM4:30(正午から午後1時を除く)に事業所ごみの受け入れを行っています。(有料 10kg.当たり130円 H26.7現在)
事業所ごみとして処分できるものは、産業廃棄物に該当しない事業系一般廃棄物です。
資源ごみについては、ペットボトル、紙類(シュレッダー紙除く)の受け入れを行っています。
幡多クリーンセンター


ごみを処理するときは

戻る