四万十市洪水・土砂災害ハザードマップ

大雨によって河川が増水し、堤防が決壊したりあふれたりするはん濫が発生した場合の浸水予測結果と浸水実績を基に、その範囲と程度、ならびに各地域の避難所を示し、市民の皆様の避難に役立つよう作成しました。



四万十市洪水・土砂災害ハザードマップ
四万十市洪水ハザードマップ 中村、東山、具同、後川(1)地区 四万十市洪水ハザードマップ 後川(2)、大川筋地区
四万十市洪水ハザードマップ 東中筋、中筋地区 四万十市洪水ハザードマップ 八束、下田地区
四万十市洪水ハザードマップ 富山地区 四万十市洪水ハザードマップ 蕨岡地区
四万十市洪水ハザードマップ 江川崎地区 四万十市洪水ハザードマップ 津大地区
 
 
四万十市洪水・土砂災害ハザードマップ
四万十市洪水ハザードマップ 中村、東山、具同、後川(1)地区 (26.6MB) 四万十市洪水ハザードマップ 後川(2)、大川筋地区 (19.8MB)
四万十市洪水ハザードマップ 東中筋、中筋地区 (31.1MB) 四万十市洪水ハザードマップ 八束、下田地区 (30.6MB)
四万十市洪水ハザードマップ 富山地区 (15.1MB) 四万十市洪水ハザードマップ 蕨岡地区 (16.7MB)
四万十市洪水ハザードマップ 江川崎地区 (16.5MB) 四万十市洪水ハザードマップ 津大地区 (17.3MB)


■ 収容避難所について
   市が指定している収容避難所を掲載したものです。災害時には市の誘導等に従って洪水状況などを十二分に確認の上、一時避難場所や指定した場所に避難してください。
■ 浸水想定区域の表示について
   浸水想定区域の表示は各河川が200mごとに決壊した場合を想定して、浸水が0.5m未満、0.5〜1m、1〜2m、2〜5m、5m以上の場合の浸水想定区域をそれぞれ色分けして表示しています。被害の範囲を限定したり、一体的に発生するとしたものではありません。
■ 市役所新庁舎の災害時の活用について
   災害時、新庁舎は災害対策本部として機能します。また庁舎内の会議室などは避難者の受入れを行う一時避難場所としても活用します。

四万十市洪水ハザードマップ

▼画像の閲覧について(ActiveX版 ZOOMA画像)
本ページの高精細画像はZOOMA(トライアイズソリューション社)の技術を用いて提供しています。 この技術により、精細な画像を、軽快に拡大・縮小・スクロールさせ、快適に資料を閲覧することができます。 ご利用の際は下記説明をご覧下さい。
http://www.crearia.co.jp/project/feature/zooma_howto/howto.html
四万十市洪水ハザードマップ
ZOOMAの使い方
【拡大・縮小】 画面右のスクロールバーを上下するか、ホイール付きマウスのダイヤルを前後に回すと拡大・縮小します。
【画面スクロール】 マウスの右ボタンを押しながらマウスを移動させると画面がスクロールします。

※閲覧に専用のプラグインを使用します。初回閲覧時に必ずインストールして下さい(通常は自動的にインストールされます)。
四万十市洪水ハザードマップ
動作環境(ActiveX版)
【OS】Windows 2000 professional SP4,XP,Vista
【Webブラウザ】Internet Explorer 6.02以降
※その他のブラウザはサポート外のため,利用できない場合があります。


戻る Copyright Shimanto-City Office All Rights Reserved