土砂災害危険区域等について


土砂災害危険箇所とは

 土砂災害危険箇所とは、「土砂災害警戒区域等における土砂災害防止対策の推進に関する法律」(以下、「土砂災害防止法」という)の対象となる箇所(土砂災害が発生するおそれがある土地の区域)を縮尺2,500分の1〜10,000分の1等の地形図を基に、机上で抽出した調査結果によってその範囲が指定されます。


土砂災害危険箇所と土砂災害危険区域等の関係

 「土砂災害危険箇所」のうち、市町村の都市計画図や空撮により整備した1/2,500地形図により現地調査を行い、土砂災害のおそれがある箇所として、土砂災害防止法に基づき区域指定した箇所を土砂災害危険区域(特別警戒区域を含む)といいます。

 高知県内の土砂災害危険箇所について(高知県防災砂防課HP)

 高知県内の土砂災害警戒区域について(高知県防災砂防課HP)



四万十市内の土砂災害警戒区域について

  中村小学校区
  中村南小学校区
  下田小学校区
  竹島小学校区
  東山小学校区
  具同小学校区
  東中筋小学校区
  (旧)田野川小学校区
  利岡小学校区
  八束小学校区
  蕨岡小学校区
  中筋小学校区
  川登小学校区
  大用小学校区
  (旧)大宮小学校区
  (旧)須崎小学校区
  (旧)権谷小学校区

※土砂災害警戒区域において、西土佐地域の内、上記校区以外は、平成26年9月現在指定に関する調査が行われておりません。今後、高知県において調査が進められる予定です。



戻る copyright Shimanto-City Office All Rights Reserved.