1. 利用者カードをつくるには 〜 登録・更新・再発行 〜
資料の館外貸出には、利用者カードが必要です。初めて借りる方は、利用者カードを作ってください。
利用者カードは、四万十市内にお住まいの方、近隣の方、在勤在学している方であれば、どなたでも作ることができます。
 ■ 利用者カードをつくれる人
利用者カードを発行できる方
個人  四万十市に在住、在勤、在学されている方
 近隣住民(幡多郡内、四万十町)
 住民票は移していないが、在住が確認できる方
団体  四万十市内の保育園や学校、各種団体

受付にお申し込みください。
高校生以上の方は住所の確認ができる証明書が必要です(運転免許証、健康保険証、障がい者手帳、生徒手帳など)。
住民票を移していない方は、身分証明書とは別に、郵便物・公共料金の明細書などの住所が確認できるものが必要です。
病気や障がいなどの理由で、長期間(3ヶ月以上)にわたり、ご本人が図書館へ来館できない場合代理人による利用者カードの登録が行えます。本人確認及び登録要件が確認できる証明書をお持ちください。
   
   ● 利用者カード登録手続き [本館・分館共通利用者カード] ※どちらでも登録手続きできます。
@ 受付で、貸出登録票に必要事項を記入してください。
A 貸出登録票と身分証明書を受付へ提出してください。
   
 ■ 利用者カード更新手続き [本館・分館共通利用者カード] ※どちらでも更新手続きできます。
利用者カードの有効期限は、登録日または変更日から3年です。更新の必要がある方については、手続きをお願いいたします。(変更日とは、利用者の申請に基づいて四万十市立図書館が登録情報を変更、またはカードを再発行した日です。)
更新手続き後は、今お持ちの利用者カードが引き続き使えます。
  ● 利用者カード更新手続き
@ 受付で、利用者カード更新登録票に必要事項を記入してください。
A 利用者カード更新登録票と身分証明書を受付へ提出してください。
   
 ■ 利用者カード再発行
利用者カードをなくされた場合は、受付へお問い合わせください。
利用者カードが拾得物としてあがった場合は、図書館で保管しています。
拾得物としてあがっていなかった場合、再発行料として150円をご負担いただき、利用者カードの再発行ができます。
再発行後は、元の利用者カードは使用できなくなります。また返金もできません。ご了承ください。
  ● 利用者カード再発行手続き
@ 受付で、利用者カード紛失届に必要事項を記入してください。
A 利用者カード紛失届と身分証明書、再発行料150円をカウンターへ提出してください。
B 再発行したカードと領収書をお渡しします。


  2. メールアドレス登録
 メールアドレスの登録により、パスワードが発行されます。それによりホームページからの資料の予約や予約資料の確保の連絡などがメールで受け取れます。
 ■ 登録手順
○現在利用者カードをお持ちの方
受付へ利用者カードを提示し、インターネット予約貸出登録票に必要事項を記入の上、登録をお願いします。
登録後、ログインに必要なパスワードをお渡しします。
○利用者カードをお持ちでない方
利用者カード登録と同時にメールアドレスの登録をお願いします。
登録後、ログインに必要なパスワードをお渡しします。
 
※メールアドレス登録についての注意点※
メールアドレスは、必ず半角英数で正しく入力してください。また「@」(アットマーク)以前のアカウント部分内に「.」(ドット)や「‐」(ハイフン)の連続使用や、アカウントの最後に「.」(ドット)を設定したメールアドレスは、メール送信ができませんのでご注意ください。

メールの受信制限をされている場合には、図書館のドメインのアクセス許可設定を行ってください。
※図書館ドメイン:@city.shimanto.lg.jp
    ■ メールアドレスの変更は こちら から (ログイン後におこなってください。)
    ■ パスワードの変更は こちら から (ログイン後におこなってください。)


  3. 資料を借りるときは 〜貸出〜
 借りたい資料を受付までお持ちください。貸出には利用者カードが必要です。
  本・紙芝居 雑誌 DVD・ビデオ・CD
個人 冊数 10冊
(紙芝居は一家族2冊)
5冊
分館3冊
2点
(新着は一家族2点)
期間 2週間 2週間 1週間

  本・紙芝居 雑誌 DVD・ビデオ・CD
団体 冊数 100冊
紙芝居5冊
大型絵本2冊
(新着・展示不可)
貸出不可 5点
(新着不可)
期間 1ヶ月 貸出不可 1ヶ月


  4. 資料を返すときは 〜返却〜
 返す資料を持って受付へお越しください。利用者カードは必要ありません。
休館日及び閉館後はブックポストへ入れてください。ただし、DVDやビデオ、紙芝居など破損の恐れがある資料は翌開館日に受付へお返しください。
※利用者カードやハガキなどご自分のものを資料に挟んだまま返さないようにご注意ください。
高知県立図書館・高知市民図書館で借りた資料を四万十市立図書館で返却できます。くわしくはこちらをご覧ください。


  5. 貸出期間の延期 〜延期〜
 貸出中の資料は、貸出期間内であれば1回まで、延期手続きをした日から2週間貸出期間を延期できます。
手続きは、受付、電話で受け付けております。
※1回延期された後に、再度貸出延期の申請を行うことはできません。必ず資料をお返しください。

ただし、次の場合には、延期が一切できませんのでご注意ください。
 1. 予約が入っている資料
 2. 四万十市以外の図書館からの取り寄せした資料
 3. 展示中の資料
 4. 雑誌・AV(DVD・ビデオ・CD)
 5. 新着(購入から3ヶ月以内のもの)
 6. 団体貸出の資料は延期ができません。
 7. 1ヶ月以上延滞している資料

予約がない資料でも、ひとりの利用者が特定の資料を、長期にわたって利用することはご遠慮ください


  6. 資料を予約したいとき 〜予約〜
  リクエスト&予約申込み用紙を記入し図書館カウンターへお越し下さい。
  リクエスト&予約申込み用紙へは、1冊につき1枚ご記入ください。
  パスワードの発行を受けると、インターネットを使って予約することができます。
  ※インターネットで予約ができるのは、貸出中の資料に限ります。
  ※パスワードの発行を希望される方はこちらをご覧ください。
  予約数 取り置き期限
5冊以内 1週間
雑誌
AV
(DVD・ビデオ・CD)
2点以内
 ※取り置き期限は、連絡した日からの期間です。予約資料はできるだけ早めに受取りにおいでください。
 ※取り置き期限の延期はできません。取り置き期限が過ぎた資料は自動的に予約解除されますのでご注意ください。


  7. インターネット・携帯サイトでの検索・予約
 ■ インターネット・携帯サイトでの予約
四万十市立図書館蔵書検索システムにある中で、現在貸出中の資料、1人合計5点まで(ただしDVD、ビデオ、CDは2点まで)予約可能です。
※取り置き期限は、連絡した日からの期間です。予約資料はできるだけ早めに受取りにおいでください。
※取り置き期限の延期はできません。取り置き期限が過ぎた資料は自動的に予約解除されますのでご注意ください。


  8. 四万十市立図書館にない本を借りたいときは
 ■ 相互貸借
四万十市立図書館に所蔵がない本でも、四万十市以外の公共図書館から取り寄せできる場合がありますのでご相談ください。
対象:四万十市在住、在勤、在学の方

相互貸借手続き
@リクエスト&予約申込み用紙を記入し、受付へお越し下さい。
※取り寄せまでに時間がかかる場合がありますのでご了承ください。
A貸出可能になった時点で連絡をいたします。受取を希望された受付で貸出手続きをしてください。
※相互貸借資料は、相手館より返還予定日が指定されています。必ず返却日までに受付またはブックポストにお返しください。


  9. 資料を紛失・破損・汚損(水ぬれ含む)したときは
 資料を紛失・破損等したときは同一資料の現物弁償していただきます。ただし、雑誌などバックナンバーが入手不可能なものに関しては、 最新号の代替資料の現物弁償となる場合があります。
 弁償手続きが完了するまでは、貸出中の状態です。
 ※図書館の映像資料は、個人向けに販売されている商品とは異なり、特別に貸出の許諾を受けて購入したものですので、市販の物よりかなり高額になります。


  10. 長期延滞について
 返却予定日を大幅に超過した場合は、電話やハガキによる督促を行います。
 予約者がいる場合は、返却予定日を過ぎた時点で督促することがあります。
 ※誰もが利用できるように必ず返却期限を守ってください。


  11. 寄贈資料の収集方針について
 収蔵スペース不足や適正な蔵書構成の観点から、ご家庭からは以下の資料に限り寄贈を受け付けています。
ご理解とご協力をよろしくお願いいたします。
お受けできる資料
  汚れや落丁がない良好なもので、以下のいずれかに該当するもの
  ・出版から3年以内の図書で、当館に必要だと認めたもの
  ・大活字図書など(高齢者や弱視者のために大きな字で製作された図書)
  ・四万十市や高知県にまつわる図書で、一般的に頒布していないもの(地域資料や行政資料)
  ・その他、図書館長が認めた資料

  ※上記に該当しても、すでに当館が所有する場合はお断りすることがあります。

注意事項
  ・当館からご家庭や事業所に取りに行くことはできません。寄贈をご希望の際はお電話か受付にお問い合わせください。
  ・資料の活用方法など取り扱いについては、当館に一任していただくことを前提といたします。
  ・資料の所在調査には応じられませんので、あらかじめご了承ください


  12. 図書館施設の利用について
 ■インターネット・AVコーナー
  インターネット・AVコーナーでは、試聴ブース、インターネットブースがご利用になれます。
インターネット利用の注意事項
情報閲覧(サイト上の情報を読みながら調べること)を目的としているので以下の行為は禁止です。
  ・SNS、メール、ゲーム、動画をみること
  ・文書などの作成、編集
  ・掲示板などへの書き込み、ショッピングなどの情報入力
  ・CD、DVD、USBメモリー、メモリーカードなどの接続
  ・違法行為(またはそれに似た行為)を行うこと
  ・その他インターネット上の情報を検索する以外の操作
  ※利用目的にふさわしくない行為を行った場合は、今後一切の利用を許可しない場合があります。
  試聴ブース利用方法
  @閲覧したいAV(DVD・ビデオ・CD)を選んでください。
  A図書館設備利用申請書を記入してください。
  B図書館設備利用申請書を持って受付へお越しください。
  C座席番号の記載された札とリモコンをお渡しするので、座席番号の書かれた席をご利用ください。
  ※ビデオのみ巻き戻して棚に直接返してください。

  インターネットブース利用方法
  @図書館設備利用申請書を記入してください。
  Aインターネット利用時の注意事項を読み同意の上チェックしてください。
  B図書館設備利用申請書を持って受付へお越しください。
  C座席番号と注意事項の記載された札をお渡しするので、座席番号の書かれた席でパソコンをご利用ください。
設備 利用時間 座席
  インターネットブース   60分まで
  (延長1回60分のみ)
3席
  持ち込みPC
  ※持ち込みPC利用に限り電源
  の利用ができます。
  利用時間はありません。
  ただし、次に予約が入った場合は、
  交代をお願いします。
3席
電源貸出可能ブース2台
  試聴ブース
  (DVD・ ビデオ・CDの試聴)
  1日1作品まで 4席
  ※次の利用者がいない場合は1回のみの延長が可能です。延長中に予約が入った場合は交代をお願いします。
  ※試聴できるのは当館の資料のみです。
  ※印刷はできません。
  ※パソコンの電源は切らないでください。
  ※パソコンの操作やサイトの質問にはお答えできません。


  13. その他サービス
 ■コピーサービス
  図書館の資料は著作権法により、図書等の一部分については1人1部のコピーが認められています。
  用紙サイズは、B5判、A4判、B4判、A3判の4種類で白黒コピーとカラーコピーがあります。
  料金は1枚白黒10円、カラー20円です。
  コピーをされる場合は、受付へお越しください。

 ※図書館に設置しているコピー機は図書館資料のコピーのためのものです。図書館の資料以外のコピーはご遠慮ください。
  また、一万円札・五千円札には対応できない場合があります。千円札及び小銭をご用意ください 。
コピーをお断りする資料
  ・最新刊雑誌(著作権者の権利保護の観点から)
  ・当日の新聞記事
  ・保存を目的として収蔵する文献、史料
  ・コピーにより破損や劣化が見込まれる資料
  ・その他著作権法で制限があるもの

<著作権法>図書館における複製
  第三十一条 図書、記録その他の資料を公衆の利用に供することを目的とする図書館その他の施設で政令で定めるもの
(以下この条において「図書館等」という。)においては、次に掲げる場合には、その営利を目的としない事業として、図書館
等の図書、記録その他の資料(以下この条において「図書館資料」という。)を用いて著作物を複製することができる。

一 図書館等の利用者の求めに応じ、その調査研究の用に供するために、公表された著作物の一部分(発行後相当期間
を経過した定期刊行物に掲載された個々の著作物にあつては、その全部)の複製物を一人につき一部提供する場合
二 図書館資料の保存のため必要がある場合
三 他の図書館等の求めに応じ、絶版その他これに準ずる理由により一般に入手することが困難な図書館資料の複製物
を提供する場合

全条文はこちら
  ■団体貸出
   四万十市内の各種団体は、登録すると本・紙芝居に限り1団体100冊まで1ヶ月以内の利用ができます。
   詳しくは、利用案内の3.資料を借りるときは〜貸出〜をご覧になるか、図書館へお問い合わせください。
   学校・保育所の方は専用ページ「学校・保育所の方へ」をご覧ください。

  ■レファレンスサービス
   図書館では資料を探すお手伝いをします。調べたいことや、わからないことがあるときは、お気軽に職員に
   おたずねください。


  14. 遺失物・拾得物の管理について
 ■館内で落し物を拾った場合
  館内で落とし物を拾った時は、図書館の受付に届けてください。
  (拾った方に職員がお名前や連絡先を訊ねることがあります。)

 ■お預かりについて
  ・館内での忘れ物は図書館の受付で一時お預かりします。
  ・財布などの貴重品で、持ち主の連絡先がわかる場合はご連絡します。
  ・連絡先がわからない貴重品の場合は、拾得物が届けられた時点で総務課へ移管します。土日祝など市役所が閉庁日の場合
   は、館内の金庫にて保管し、閉庁明けに総務課へ移管します。
  ・食料や飲料、腐敗が懸念されるものなど、衛生上お預かりできないものは廃棄処分します。
  ・館内の机の上などに長時間放置されたままの荷物は、職員が中身を確認し、図書館の受付でお預かりする場合があります。
  ・利用者カードは、持ち主に連絡後、図書館でお預かりしています。
  ・貴重品以外の拾得物は、月末の金曜日に総務課へ移管します。
  ・総務課へ移管されたあとは、警察署へ移管されます。
  ※取得物のリストは、図書館に保管してありますのでお問い合わせください。

 ■引き渡しについて
  ・引き渡しできるのは原則としてご本人のみです。
  ・運転免許証や保険証などの身分証明書の提示を求める場合があります。


  15. 図書館でのマナーについて
 図書館は公共の財産です。以下の行為を固くお断りします。
 ・図書館の資料は大切に扱ってください。
 ・資料への書き込みや切り取り等は、絶対にしないでください。
 ・飲食
 ・喫煙
 ・携帯電話の使用(電源をオフまたはマナーモードに)
 ・館内を走り回ること
 ・ペットの連れ込み
 ・その他の迷惑行為





 

 ▲ サイトの運営について     Copyright(C) Shimanto City Library All Rights Reserved.