四万十市立図書館映画上映会

 平成17年に四万十市中村地域の映画館「太陽館」の閉館以降、高知県の西南地域は映画館がない地域となり、映画を気軽にスクリーンで観る機会は失われました。
 図書館で映画を観る機会をつくることで、図書館をもっと身近に感じてもらい、たくさんの人に利用していただこうと、平成28年8月より「四万十市立図書館映画上映会」を開始しました。
 図書館で上映会を開催する目的としては、図書館利用の少ない若い世代に図書館に興味を持ってもらうきっかけをつくること、また四万十市民のさらなる豊かな生活を目的としています。
 年に2回7月と3月に子ども向けの映画上映会を開催し、年6回大人のための映画上映会と題して懐かしの名作映画などを上映しています。
 映画上映会は、館内上映許諾がされていなかった作品も上映することができる「みんなでシネマ」に加入することによってよりたくさんの映画をスクリーンで観ていただけるようになりました。
 現在、児童向け、高校生以上を対象にした大人のための映画上映会、バリアフリー上映会など多様な映画上映会を開催しています。

年間上映作品予定表PDF
※上映作品は予告なく変更になることもあります。
年間上映作品予定表PDF  




  みんなでシネマについて

 「みんなでシネマ」とは、大手映画会社各社の協力を得て行われる全く新しいスタイルの公共図書館向け上映会サービスです。
 今まで館内上映許諾されていなかった作品も上映が可能になり、上映許諾作品数1600作品以上。上映回数も無制限です。

 
 対象会社:下記大手5社の許諾作品(順不同・敬称略)
 @UIP(ユナイテッド・インターナショナル・ピクチャーズ、ユニバーサル・ピクチャーズ、パラマウント・ピクチャーズ作品)
 AWB(ワーナーエンターテイメントジャパン、ワーナー・ブラザーズ映画作品)
 BSPE(ソニー・ピクチャーズエンタテインメント作品)





 


 ▲ サイトの運営について     Copyright(C) Shimanto City Library All Rights Reserved.